ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 活動の原点「S」(5)

<<   作成日時 : 2007/01/17 21:28   >>

トラックバック 0 / コメント 0

シリーズの最終回「(5)まとめ」です。

私は2000年に初めてのボランティアを経験して、そのときの「なんともいえない満足感」がここちよくて、ボランティア活動にはまっていきました。
そして、「土日ボラだけではできないことをやってみたい」という気持ちから、思い切って会社の制度を利用して2年間の休職に入りました。
このシリーズでご紹介した「S」という施設での活動は、その休職期間の最初に取り組んだ活動です。

最初の活動ということで、まずは障害のあるひとと直接ふれあう時間をたっぷりとることにしました。
それまでもボランティアの経験はそれなりにあったものの、まだまだ障害(特に知的障害)のあるひとと、どう接すればよいか不安がありました。
最初は力が入りすぎていましたが、そのうち自然におつきあいできるようになりました。
通算約5ヶ月間、ほぼ毎日通ってさまざまな活動に参加し、たくさんの方とかかわりをもつことができました。

そしてわかったことは、「障害のあるひとも、周りの人と共通点と相違点がある「ひとりの人」であることに、自分となんら変わりない」ということでした。
このあたりまえのことが、毎日同じ時間を過ごしているうちに、実感として理解できるようになりました。

もうひとつは「ボランティア」というものについての考え方です。
「自分には何ができるのか」と考えているうちに、「特別なことをする必要はないんだ」と気づきました。
「近所のおじさん」としてつきあって、お互いにここちよければいい
そして、まさに「近所のひととのそういう自然な関係」を彼らも求めている、ということがよくわかりました。

このように「S」での活動によって、ボランティアについての考え方のベースを得ることができました
これが、今でも私の「よりどころ」になっています。
まさに「活動の原点」です。
休職の最初に、このようにとても有意義なスタートを切れたのは、「S」の施設長をはじめ職員さん、利用者の皆さん、ご家族、近所の方々、皆さんのおかげです。
心から感謝しています。

最後に、まだボランティアをしたことがない方へ。
私の本格的なボランティア活動は、こんな感じで始まりました。
初めてのボランティア」で楽しさを知り、「S」での活動で自信を得ました。
そしてこのあと、さまざまな活動にチャレンジして、たくさんのひとに出会って、自分なりのスタイルをつくっていきました。
皆さんも、思い切って何か始めてみませんか?
新しい世界、新しい自分が見つかるかもしれませんよ。

・・・ということで、長くなってしまいましたが5回シリーズを終わります。
とにかく早めに「S」のことを書いてしまわないと始まらない、と思っていたのでシリーズで書かせていただきました。
「S」でのエピソードなどは、またおいおいご紹介します。
では。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
活動の原点「S」(5) ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる