ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ニュージーランド(3)「まとめ」

<<   作成日時 : 2007/01/27 00:40   >>

トラックバック 1 / コメント 0

ニュージーランドの知的障害者のグループホームでの活動紹介の3回目です。
「(1)活動内容」「(2)成果と感想」に続いて、今回は「(3)まとめ」です。
まずは、当時の記録の引用から。
画像

現地の写真をもっと見る → <ニュージーランドの写真

*** 以下 当時の記録より引用 ***

<まとめ>
 視察や留学のような「知識を得ること」ではなく、障害のあるひとと同じ時間を過ごし、彼らの感じていることを共有するような、「現場で感じる」ことを目標に取り組んだ。
 毎日寝食をともにする活動は密度が濃く、居住者の様々な側面を見ることができた。福祉先進国の状況も体感することができ、先進的な試みにもふれることができた。
 今回の活動は私にとって大きな経験であったが、まだどう消化したらよいのかわからない状態である。この経験を今後の活動にどう生かすかが今後の課題である。

*** 以上 引用終わり ***

「T トラスト」は素晴らしいところでした
スタッフは居住者ひとりひとりを尊重し、彼らの社会生活の質を高めることに、最大限の努力をしていました。
ボランティアには労働力を期待せず、居住者とかかわることを求めていました。
これらは直前まで活動の中心だった「S」と基本的に同じスタンスでした。
「S」での活動についてはこちらをご参照ください
恵まれた環境の中で、私は「S」のときと同じように、彼らと自然にふれあうよう心がけ、そんな私を居住者もスタッフも受け入れてくれました。

私は「ボランティアとして自分に何ができるか」を考えることを目的に、ニュージーランドでの活動に取り組みました。
上記の引用の通り、直後は「どう消化したらよいのかわからない」という状態でした。
後から振り返って考えると、このとき私は「S」で気づいたことが間違っていないことを確信したのだと思います。
「特別なことをする必要はない。近所のおじさんとして自然につきあえばよい。それが自分にできることで、また期待されていることでもある。」

「S」とは違う場所、しかも遠く離れた異国でも、「S」で考えたことが通用しました。
そして、言葉も文化も民族も価値観も違うコミュニティで、彼らは私を「違うけれども同じひと」として受け入れてくれました。
居住者のひとりは、私のことを「言葉もよくわからず、現地のことをよく知らない、助けてやらなければいけないヤツ」と認識して、いろいろと気を遣い、指示し、教育してくれました。
現地で最も異質だったのは間違いなく私であり、知的障害のある彼らではありませんでした。

「S」での活動のあと、「障害のあるひとも、周りの人と共通点と相違点がある「ひとりの人」であることに、自分となんら変わりない」と考えるようになりました。
しかし、「障害のあるひとも自分となんらかわらない」のではなく、「ひとは互いに共通点と相違点がある。それだけ。」なのだ、ということが、ニュージーランドでの経験を通じてわかりました。
そういう意味では、自分の考えに自信をもったと同時に、もう一歩深く理解が進んだように思います。

当初は、せっかくまとまった時間が手に入ったのだから、「普段できないことをやろう」と考えて海外での活動を計画しました。
しかし、結果的には海外に行ったからこそ、このことに気づくことができたのだと思います。
ということで、私の休職期間は「S」での好スタートのあと、ニュージーランドでさらにステップアップすることができました。
自分では大成功だったと思っていますが、それも「S」と「T トラスト」という素晴らしい環境との出会いのおかげだと思います。
今でも本当に感謝しています。

ニュージーランドでのエピソードはまだまだあります。
そのうちご紹介しますので、よかったらまた読んでやってください。
では、本シリーズは一旦これで終了します。
ありがとうございました。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
一人で異国に行ってご覧なさい
自分とは異質な人を見ると、とまどってしまいます。 あそこが違う、ここも違う、違うところだらけ。 自分は普通なのに、どうしてこの人はこんなに特別なんだろう。 こんなに変な人とは一緒にいられない。 そんな風に感じてしまいがちです。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2010/08/07 00:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
ニュージーランド(3)「まとめ」 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる