ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 防災ボランティアに学ぶ

<<   作成日時 : 2007/04/01 16:48   >>

トラックバック 0 / コメント 2

先日、能登半島地震が発生しました。
被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。

行政を中心とした対応がとられる中、石川県はボランティアセンターを開設しています。
ただ、「大変そうだから」「助けてあげたい」という気持ちから、安易に現地へ駆けつけてしまって、かえって迷惑になってしまうケースも多いようです。
以前にもご紹介したブログ「家庭の防災用品」さんは、地震発生直後から「ボランティアの難しさ」を訴える記事を書かれています。
 以前書いた記事はこちら → 「ボランティアとは?」

ボランティアを受け入れるためには、寝る場所、食事、トイレをはじめ、様々なものを用意する必要があります。
ボランティアを機能させるには、組織的なコーディネートが必要です。
援助物資を配布するには、受け入れる場所、整理する人員、配布の手段等、様々な体制が必要です。
したがって初期段階は、医師・介護等の専門技術をもったボランティアのみとすべきとのことです。

その他、被災地の方がボランティアをどう考えるか、善意の押し付けがいかに迷惑なことか、ボランティアをさせてもらうことがいかに難しいことか、など、考えさせられる記事が満載です。
しかも、これらの記事は「家庭の防災用品」さんの豊富な経験に裏付けられている内容なので、とても説得力があります

たくさんある記事のうち、いくつかをご紹介させていただきます。
是非、目を通してみてください。
 「災害ボラの専門サイトですが」
 再びボランティア災害にしない為に
 ボランティアの役割
 被災地ボランティア活動の注意点

「家庭の防災用品」さんが書かれているのは、防災ボランティアについてですが、基本的な考え方は、全てのボランティアに共通すると思います。
要は「両方OKかどうか」が大切ということでしょう。
受け入れ側もOKでなければ、こちら側の想いは空回りするだけで、そのボランティアは成り立たないということだと思います。
改めて、ボランティアの本質を再確認できた気がしたので、ご紹介させていただきました。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご紹介ありがとうございました。
門前町は大筋うまくいっていると思います。
神戸震災ボランティア130万人を苦しめる
PTSDも溶けるかもしれません。
家庭の防災用品です
2007/04/02 23:44
家庭の防災用品さん、コメントありがとうございました。私が勝手な解釈を付け加えたために、元の記事の意図からずれてしまっていたらご容赦ください。行政もボランティアも進化して、うまく機能するといいですね。
GAMI
2007/04/03 20:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
防災ボランティアに学ぶ ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる