ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 制度だけが福祉じゃない(1)予告編

<<   作成日時 : 2007/11/27 20:03   >>

トラックバック 1 / コメント 1

先日ご案内しました通り、2007年12月9日(日)に、「パートナーシステムちば」さん主催のパネルディスカッション「制度だけが福祉じゃない」が開催されます。
五十嵐さん(ばおばぶ)がコーディネーターで、吉野さん(たのまる)、小野寺さん(空)、GAMIの3人がパネラーです。
詳細と参加申込はこちらをご参照ください。
 → 「たのまる」(4)パネルディスカッション開催決定!

今日は、「制度だけが福祉じゃない」の予告編として、「パートナーシステムちば」さんの前回(4月)の講演会の様子をご紹介します。
私は残念ながら都合がつかず欠席だったのですが、満員御礼の熱気あふれる集まりだったそうです。
以下、「パートナーシステムちば」の会報より、引用させていただきます。
(執筆者の皆様、係の皆様、引用のご了解をいただきありがとうございました。だいぶ以前にご了解いただいたのに、ご紹介が遅くなりすみませんでした。)

<写真も引用させていただきました(なので白黒)>
画像


<当日の様子>
制度にたよらない障害者生活支援のかたち「三人暮らし」
 講師:五十嵐 正人さん
 活動報告:吉野 徹さん
 4/17 於、千葉県青少年女性会館

 パートナーシステムちばの会員であり、ビー・フレンズのアドバイザーでもある五十嵐正人さんが、自身のライフスタイルやこれまでの活動を『三人暮らし』という小説に著しました。その出版の記念もかねて講演会を開催しました。
 後半は、千葉市で制度にない楽しみ活動提供者としてユニークな活動をしている「たのまる」の吉野徹さんが活動報告をしました。また、吉野さんの活動報告を補足する形で、会員2人がお子さんと吉野さんとの関わり等を報告しました。

 会場は、70名定員の部屋に92名の参加者になり、急遽、補助の椅子を用意。嬉しい悲鳴でしたが、窮屈な状態になり申し訳ありませんでした。
 当日、専門学校の授業として33名の学生の参加がありました。若い学生さんに障害者支援の話を聞いていただけたこと、また後日、先生より学生の感想をお送りいただけたことは、会員一同大変嬉しく思いました。
 講演会後、五十嵐さん・吉野さんを囲んでお昼を食べながら30名程の方と感想を述べ合ったり、日頃の活動の情報交換を行ったりして歓談しました。
 *地域の様々な立場の方に参加して欲しいので、パートナーシステムちば及び生活クラブ生協のチーム「プロジェクトC」として企画しました。
 (GAMI注:原文より一部お名前等を削除しました)


<参加者の感想>
「講演会に参加して」

 福祉に不案内な私ですが「アットホームな講演会を開催します。」との案内状に心惹かれ参加させていただきました。
 まず会場に入って嬉しい驚きがありました。そこは大勢の参加者の熱気で溢れていました。しかも、さらに素晴らしい事には参加者の中には福祉を学ぶ多くの若者がいた事です。書籍や学校の講義で学ぶだけで無く自分で足を運んで現場の声を聞きに行こうという志が頼もしく思えました。こんな若者たちが多数いるという事は、日本もまだまだ捨てたもんじゃ無い。福祉はもっともっと良くなる可能性に満ちていると安堵しました。

 そして、五十嵐さんのお話は、とてもわかりやすく興味深いものでした。私は無知なための無関心なのか法制度さえ整えばすべてうまくいくと思い込んでいました。講演会に参加して初めて社会福祉と自由福祉について少しわかった気がしました。例えは適切ではないと思いますが、社会福祉は既製服。扱っている場所も多く比較的安価だがあまり身体にフィットしていなくても服に身体を合わせるしかありません。自由福祉は、オーダーメイドテーラーの服。扱っている場所は少なく、店によって仕上がりも差があり金銭的にも安価とはいい難い。ただし、一人ひとりにぴったりした誂えになっている。いいテーラーに出会うことができれば一生の付き合いになりそうです。同じ身体つきの人がいないように、同じ障害の人も、同じ環境の人もいない。福祉こそ本来その人だけの対応がなされるべきです。一つの形に決める事なく状況に応じ多数の選択肢の中から選べるようになれば素晴らしいと思いました。

 最後に講演会に参加させて頂き、とてもすがすがしい気持ちになれたことに感謝しています。福祉は決して特別な事では無い、身近にただあるもの。一人ひとりが自分の人生を大切にしていこうというごく当たり前のことなのだと実感することができました。会場に溢れていた熱気から力強い湧き水が生まれた瞬間に立ち会えた気がしました。ここで生まれた雫は水の筋となり、川となり、大きな流れとなって大海につながっていくものと確信しています。
追記:「三人暮らし」はラブ・ストーリーですよね、五十嵐さん。

いかがでしょうか。
なんとなく雰囲気は伝わりましたでしょうか。
興味をもってくださった方、よろしかったら12月9日(日)のパネルディスカッションにご参加ください。
申込先はこちらの記事に書いてあります。
 →  「たのまる」(4)パネルディスカッション開催決定!

都合がつかないという方は、五十嵐さんの著書「三人暮らし」をお読みいただくと、制度にとらわれない福祉を実践されている五十嵐さん・吉野さんの考え方に触れられます。
読みやすいですよ。ラブストーリーの小説ですから。(笑)
 関連記事 → 「三人暮らし」を読んで

次回は予告編第2弾として、パネルディスカッションを主催してくださる「パートナーシステムちば」さんをご紹介します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ブログランキングが見れると同時に、私のブログにポイントが入ります。
  PRにご協力ください。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
制度だけが福祉じゃない
パネルディスカッションのお知らせです。 『「楽まる」ドキュメンタリー 放映!』の記事でお知らせしました、「楽まる」さんのドキュメンタリー。みなさん、ご覧になりましたでしょうか? その反響が大きく、急遽「楽まる」さんのお膝元、千葉市でパネルディスカッション「.. ...続きを見る
裕子ねーんね
2007/12/05 22:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
<<申込状況>>
12月9日(日)のパネルディスカッションは、まだ空席があるそうです。
12月2日(日)時点で主催者に確認したところ、まだ空席はあり参加者を募集中とのことでした。
11/18の記事本文中の「申込先」まで、メールまたはFAXでお申し込みください。お待ちしております。
GAMI
2007/12/02 10:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
制度だけが福祉じゃない(1)予告編 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる