ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS コミュニティフレンド(21)セミナーのご報告

<<   作成日時 : 2007/12/14 11:08   >>

トラックバック 0 / コメント 7

先週末、コミュニティフレンド(以下「CF」)のセミナーが開催されました。
 ・8日(土)午前 習志野
 ・9日(日)午前 千葉
セミナーの概要についてはこちら
 → コミュニティフレンド(19)セミナーのお知らせ
今日は、当日の様子をご報告します。

CFとは、地域で障害のあるひとと「街の中の友だち」として関わる人のことです。
活動を始めて約1年が経ちます。
活動は着実に広がりつつあり、参加者も増えてきました。
セミナーは、CFについてもっと知っていただき、活動に参加してほしいということで、これまで松戸・市川でも開催されています。
 これまでのセミナー等の様子はこちら
  → 松戸、 PASネット講演会

<写真:習志野のセミナーの様子>
画像

今回のセミナーは、2日間あわせて約120人の方にご参加いただきました。
前半が成年後見について、後半がCFについて、という構成です。
成年後見については、2回とも具体例をだしながら、どう考えたらよいかを丁寧に説明されていました。
CFについては、活動の概要と実際の様子をお伝えしました。

習志野では、私がご説明する形をとりました。
千葉では、私を含む2人のCFが、インタビュー形式で具体的なお話しました。
 ・どんなことをしているのか
 ・何をするのかは、どうやって決めているのか
 ・つきあいを重ねるごとに、どう変化してしてきたか
CFは、(当然のことながら)ペアごとにつきあい方が違うので、2つのケースをご紹介できたのはよかったと思います。

最後に質疑応答が行われました。
CFについての主なやりとりは、次の通りです。
 Q:CFが本人から「悪い人に騙された」と聞いたらどうするか?
   そのまま家族に話したら、二度とCFに打ち明けなくなる。
 A:普通の友人と同じ。
   重大なことなら家族・支援者・後見人と解決する必要がある。
   そうでなければ、友人としてアドバイスする。
   いろいろな立場の人が関わることが大切。
 Q:歳が近い必要はないのでは?グループでもよいのでは?
 A:要は本人同士の相性の問題。
   地域の様々な人と関わることはよいこと。
 Q:重度は無理なのでは?
   「友達」に「お願いします」というのは抵抗がある。
 A:その人のことをよく知って手伝うのは、普通の友人と同じこと。
   必要があれば、「ヘルパー+CF」で外出も考えられる。
   CFは自分のために参加しているということも理解してほしい。
 Q:CFの内面の変化はあるか?
 A:最初は、支援者として関わってはいけないと力が入っていた。
   今は、自然にありのままにつきあえばよいと思っている。

<写真:千葉のセミナーの様子>
画像

一部のポイントしかご紹介できず申し訳ありません。
また、メモと記憶で書いているので正確でなくてゴメンナサイ。
千葉の様子は、録音を元に小冊子にすると聞いています。
そちらを入手されると、詳細が正確にご理解いただけると思います。

あと、ひとつうれしいできごとがありました。
秋田から遠路はるばる、学生の方が参加されました。
卒論で成年後見を研究しているそうです。
そして、秋田でも「ホームフレンド」という活動を「秋田すずめの会」という団体が行っている、という話をしていただきました。
(とてもしっかりしたわかりやすい説明で素晴らしかったです)
CFとほとんど同じ考え方です。
なんとも心強い気持ちになりました。
機会があれば、またいろいろ教えてほしいと思いました。
(ブログで紹介…?、秋田視察団を組む…?)

CFに対する関心の高さと、仲間を見つけた喜びと、そして手ごたえを感じた2日間でした。
参加者の皆さん、主催者の皆さん、当日ご一緒した皆さん、お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。
今後も、思いを伝えて、共感を得て、それが広がっていくよう、一緒に頑張りましょう。

コミュニティフレンドについては、こちらもご参照ください。
 → コミュニティフレンド関連記事

<2007年12月15日追記>
習志野の配布資料の公開について、本文中に追記しました。

<2008年1月21日追記>
配布資料の公開を終了し、本文中の該当部分を削除しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ブログランキングが見れると同時に、私のブログにポイントが入ります。
  PRにご協力ください。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。12月に入り、きっとお忙しいことと思いますが、着実に更新されてますね。私は相変わらずのろまで、コメントの入力にえらく時間がかかるので、書き込みはできなくても、毎日訪問して力を与えてもらっています。ボランティアとおおげさに考えるのではなく、小さな気づき、思いやりが広がってほしいです。障害とか関係なく、人間、好きな人には優しくできるのに。この前、歩くのが大変な人と出かけた時も駅のエレベーターは若い女の子でいっぱい。携帯でメールか何かやっていて、のれないお年寄りなどには目もくれず。それぞれ疲れているのかもしれませんが、この頃あまりにもそういう光景を見かけるもので…。性別で分けるものでもありませんが、最近は男の子の方が気がきいたりします。ガンバレ!女の子ってかんじです。  
TORIちゃん
2007/12/16 01:42
TORIちゃん、こんにちは。
更新はなんとか週3目標で続けてます。毎回ご訪問いただいてるとのこと、励みになります。ありがとう!コメントは、どうぞ気が向いたときで結構ですので、お願いします。
「好きな人には優しくできる」…そうですよね。「障害のある人を助ける」のではなく、ひとりの人としてつきあってみて、親しくなれば自然と手を貸すようになる。そんな関係が広がってほしいですよね。
そういう私も、知らないうちに失敗してるかも。気をつけようっと。
GAMI
2007/12/16 15:52
9日の千葉での講演会では大変お世話になりました。秋田大学の佐藤です。
先日は、大変貴重なお話を伺うことができ、とても勉強になりました。ありがとうございました。分かりやすいお話で、生活の様子が目に浮かんできました!

秋田ではコミュニティフレンドのような活動はまだまだ知られていません。今回先駆けとなって積極的に取り組まれている皆様の活動を拝見し、秋田でもコミュニティフレンドの大切さや情報、活動の拠点を広げ、また、新しくつくっていく使命が私にはあると思っています。
論文にまとめて終わり・・・ではなく、まずは私のかかわっている秋田すずめの会の会員の方々に、コミュティフレンドを知っていただこうと考えています。
卒業後も秋田におりますので、会にかかわりながら、後輩たちと一緒に新しい試みに挑戦していくつもりです。

これからもブログを拝見させていただきます!お忙しいとは思いますが、お体に気をつけて、ますますのご活躍をお祈りしております。お互いに頑張りましょう(^−^)!
まーぶる
2007/12/25 12:32
まーぶるさん、ご訪問いただいて感激です。
当日は、とてもいいお話をありがとうございました。本文にも書きましたが(ご了解なく記載して申し訳ありません)、仲間が見つかってうれしかったです。
CFが先駆けだなんて、ホームフレンドこそ先駆けではありませんか。もしよろしかったら、ホームフレンドの活動をこのブログで紹介させていただけませんか?不躾ですみませんが、お渡しした名刺のアドレスに、活動内容などの資料をお送りいただけたら…。お忙しいでしょうし、差支えがあればどうぞ聞き流してください。ごめんなさい。
逆にCFについては、是非秋田の皆さんにご紹介ください。よかったらこのブログもご利用ください。活動内容をイメージするお役にたてるかと。
一方的なお願いばかりになってしまいました。まーぶるさんと、秋田すずめの会の皆様のご活躍に期待しています。今後とも、たまにで結構ですのでご訪問ください。
<P.S.>当日はお引き留めしてすみませんでした。帰りが遅くなってしまったでしょう。秋田は個人的に少し縁があって、また行きたいところです。またいつかお会いしましょう。
GAMI
2007/12/25 23:55
お返事ありがとうございます。ぜひこちらの活動も紹介させていただきたいと思います!

そして私からもお願いがあります。私の卒業論文に、「コミュニティフレンドの方の声」として、活動内容や質問のお答えを掲載させていただいてよろしいでしょうか…ぜひ論文の考察の参考にさせていただきたいと考えています。
まーぶる
2007/12/28 22:50
まーぶるさん、活動紹介のご了解をいただき感謝いたします。お時間のあるときに、何か資料をお送りいただけると幸いです。
卒論への「声」の掲載は、私についてはもちろんOKです。セミナー当日のやりとりを掲載したいとの趣旨ですね?もう1人のCFさん(赤い車の女性)と、事務局にも確認してみます。
詳細の確認になってきましたので、ブログ上よりメールの方がよろしいかと。先日お渡しした名刺はお持ちですか?私のアドレスヘメールいただけると助かります。
よい論文が書けることをお祈りします。では。
GAMI
2007/12/28 23:15
まーぶるさん、確認がとれました。
もう1人のCFさんも事務局も、快諾のご連絡をいただきました。どうぞご活用いただき、卒論にお役立て下さい。
それにしても、あっという間に確認できてしまってびっくりです。昨日の深夜に出したメールに、1日でお返事をいただいちゃいました。お二方、ありがとうございました。
東北の冬は寒いでしょうね。卒論の追い込み、頑張ってください。
GAMI
2007/12/29 23:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
コミュニティフレンド(21)セミナーのご報告 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる