ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ビーフレンズ(5)個別活動で高尾山(後)

<<   作成日時 : 2008/02/24 10:56   >>

トラックバック 0 / コメント 4

前回、「ビーフレンズ」の個別活動として、1対2で高尾山に出掛けたボランティアさんの感想文をご紹介しました。
今日は、ご家族の側の感想をご紹介します。
掲載文は「ビーフレンズ通信7号」からの引用です。
本文中のお名前は、「娘」とイニシャルにさせていただきました。

<ビーフレンズ通信の挿絵>
画像

 休日の家族でのドライブというと、ただ車に乗って高速道路を走ることが多かったのですが、娘が肥満気味になったので、最近はハイキングもセットにしました。近場の気楽に登れる山ということで、高尾山に何度か車で行きました。山麓の駐車場に車を止め、途中までケーブルカーを利用して歩くのです。

 山歩きは、お弁当が一番の楽しみですが、動くことが大好きなので、もちろん歩くことも全然苦でなく、いつも文句も言わずさっさと歩いています。母の私が旅行やハイキングなど外で遊ぶのが好きなので、小さい時から、こんな私の趣味や好みを押し付けてきました。これからも、ハイキングなどの戸外活動がずっと続けられればいいなと思います。

 いつも親と一緒に行動してきて、親との行動は、意思も簡単に通じるし、とても楽だと思います。あ、うんの呼吸で過ごせるのですから。でも、このまま娘・夫・私の親子3人でいつも行動を共にするのがいいのかな〜?と思うことがあります。親の年齢・体力もそうですが、同年齢の仲間と行動を共にすること・一緒に遊ぶことの方が、親と一緒より楽しいとだんだん感じるようになってほしいなと思っています。

 そこで少し無謀ですが、高尾山なら何度か行っており、ここならボランティアさんと一緒でも大丈夫と思い、HさんとMさんにお願いしました。電車では行ったことがないので不安でしたが、HさんとMさんならビー・フレンズで何回もお出かけしているので、娘が怒り出したりパニックになったりしてもきちんと対応してくれるだろうと思い、お任せしました。

 帰ってからお話を伺うと、大変なことがいくつもあったようです。でも、娘は家に戻ってもすごく機嫌が良かったです。Hさん、Mさんにとっては、ひやひやの連続だったでしょうが、娘を連れて行ってもらってよかったと思っています。Hさん、Mさん、ありがとうございました。
 これまではいつも親と一緒が多かったのですが、これからの長い人生、親離れ・子離れが障害者であっても必要だと感じています。そのためには、周りに娘のことをよく理解して、時々でも声をかけてくれ、面倒をみてくれ、一緒に遊んでくれるお友だちがたくさんいることが前提なのかもしれません。ビー・フレンズのボランティアさんが、ビー・フレンズの活動のみでなく、もっと深く障害のある私たちの子どもたちと付き合ってくれればいいな、と願っています。これからもボランティアの皆さま、よろしくね。


障害のある人にとって、ご家族や支援者だけでなく、地域の人とのおつきあいが大切であること。
とりわけ友達としてのおつきあいへの、ご家族の期待が感じられる文章だと思います。
そして、ボランティアさんとご本人とご家族の信頼関係
「ビーフレンズ」のような活動を通じて、障害のある人と友人としておつきあいする地域の人が増えていくことを、心から願っています。

このシリーズは、少し日をおいて、またご紹介する予定です。
関連記事もご参照ください。 → テーマ「パートナーシステムちば」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ブログランキングが見れると同時に、私のブログにポイントが入ります。
  記事を読んだらポチッとな PRにご協力をお願いします!
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は、お世話になりました!!
しょうもない笑い中心のプレゼンで・・・

今年10月に店舗開店予定ですので、またお知らせします!!
地域のコミュニティを構築する干物屋を目指します☆
あ、あと他の干物の開発が進みましたら送りますのでまたご感想を下さい!!
そのときは、宜しくお願いします!!

翌日、東京の「春一番」を喰らいながら愛知に帰りました(笑)
小田@楽笑
URL
2008/02/24 20:54
小田さん、こんばんは。
いえいえ素晴らしいプレゼンでしたよ。パンもおいしくいただきました。また素敵な人達に巡りあうことができました。あの集まりに参加させていただき、ラッキーでした。
パワーと情熱と温かさを兼ね備えた楽笑さんの、今後の発展に期待してます。マズはマジうまいメジの成功を祈ります。
GAMI
2008/02/24 21:52
 このご家族は作文がとてもお上手なんですね。引き込まれました。
そして、ビーフレンズの活動紹介としては活動者によるものに勝っていますね(ごめんなさい)。
 以前も「小さな声」として文章を紹介なされていましたが、こういった声は大切ですね。これからもぜひ紹介していただきたいと思います。
INA
2008/02/25 22:51
INAさん、こんばんは。
そうなんですよ。いい文章でしょう?○○さん、褒められちゃいましたよ〜。
おっしゃる通り、私が理屈をこねたり解説するより、当事者(障害のある人という意味ではなく)の言葉をご紹介するのが一番ですね。
私も、自分で行動し、感じたことを言葉にするよう、心がけます。
INAさんにご好評いただきましたこのシリーズは、また必ずご紹介します。お楽しみに。
GAMI
2008/02/26 21:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
ビーフレンズ(5)個別活動で高尾山(後) ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる