ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 障害者サポートガイドの本

<<   作成日時 : 2008/03/06 23:26   >>

トラックバック 0 / コメント 6

障害児者へのサポートガイド」という本を読みました。
ポイントをおさえていてわかりやすく、これから障害のある人をサポートしようとする一般の人には、とても読みやすい本だと思いました。

構成は次のようになっています。
 1.「障害って何だろう」という基本
 2.各障害の内容とサポートの方法
 (視覚・聴覚・肢体不自由・知的・軽度発達障害、内部障害)
 3.障害者の自立支援のあり方

共生社会を創るために、「個別因子」と「環境因子」の両方の側面から説明する構成になっています。
障害のある人について知ることと、社会の環境をどう整えるべきかを考えることの、両面からのアプローチの必要性を説いていくわけです。
「1.」で概念を、「2.」で「個別因子を」、「3.」で「環境因子」を解説します。
「2.」はイラスト、例示、トピックスが織り込まれていて、理解しやすく工夫されています。

私は、一般の人が障害のある人と地域であたりまえにふれあい、共に生きる地域になることを期待しています。
そのためには、一般の人、特に大人、もっといえば勤労者への啓発がキーになると考えています。
障害のある人もないひとも、得意・不得意、共通点・相違点がある、それだけ
このことを理解してほしい。
そして障害について知ることによって、ごく自然にあたりまえにサポートをする。
そうなってほしい。

そのためには、知り、理解し、気づいてもらうことが必要です。
そして、そのための啓発活動は、どうあるべきか?
何をどうやって伝えたらよいか?
そのツールは?
こういったことを、もっと考えていきたいと思っています。

そんなことで、いろいろ調べ始めているところに、この本を読みました。
大切な考え方を伝えることを主目的にしながら、個別の知識も最低限のところはキチンと伝える。
決してテクニックの羅列にはせず、しかし具体的なサポート方法にも触れてイメージしやすくする。
そんな内容で、とてもヒントになりました

これからも、あちこち調べながら、自分なりの構想を練っていきたいと思います。
よい本や団体、Websiteなどがありましたら、是非教えてください
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ブログランキングが見れると同時に、私のブログにポイントが入ります。
  記事を読んだらポチッとな PRにご協力をお願いします!
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
私も読んでみたいと思います!!
たかびごん
URL
2008/03/08 17:21
たかびごんさん、おすすめです。
GAMI
2008/03/08 23:18
福祉学習関係者勉強会に参加して思った事
ーーーーーーーーー
まだまだ 障害者=身体障害者
車椅子の動きやすい町=バリヤフリーの町! の意識の強さに驚かされます

バリヤフリーマップもスロープ 車椅子用トイレを書き込めばいいのかな? 
そこには療育施設や授産施設なども書き込まれてるべきなんかじゃないのかな?

地域の支援があれば社会とかかわってゆける
そんな人たちがある部分で 手をつなぎ発信してかないとハード面だけを重視するバリアフリーの地域になり

相手を認め 思いやれる「心」が伴なうバリヤフリーの地域には なかなかなれないと思うんです
僕も介護と言う支援があって社会とかかわり合いを持ててます

身体障害も 知的障害も 発達障害も 支援を要する人たちがある部分で手をつなぎ 福祉のカテゴリを越えた部分に

特にこれからの未来社会を築く 子ども達に伝えたいと思います

ーーーーーーーー
頭の固くなった大人の啓蒙にエネルギー使うより 素直な根っこのうちの教育場面にかかわるのが
未来が変れる 遠回りに見える近道だと思うんす。。。

たけちゃん
2008/05/09 10:49
たけちゃん、こんばんは。(やっぱり「ちゃん」だけだと失礼のような気がします)
おっしゃるとおり、バリアというと「物理的バリア」しか思い浮かばない人が、まだ多いですね。一番大事なのは「心のバリア」。たけちゃんの言葉で「相手を認める」ことですよね。
悪気があるわけではなく、知らないだけなのでしょう。ですから知る機会を提供することが大切。たけちゃんは、その際に様々な人が「手をつなぐ」ことを提唱しているのですね。全くそのとおりだと思います。
子ども達に伝えることの重要さについても、大賛成です。でも、私はあえて大人の啓発にこだわりたいと思います。彼らは知る機会が乏しかった。私もたけちゃんと同様に、何年か前までは全く知りませんでした。そんな私の経験と強みを活かして、大人の啓発にチャレンジしたいと考えています。
もちろん、子どもの啓発も大事です。おそらく大人より大事。それぞれの思いで取り組んでいきましょう。目指すところは一緒です。
少し熱く語ってしまいました。失礼があったらお許しください。
GAMI
2008/05/09 20:57
今回はおいらの体験記をURL入れておいたよ!
暇な時にでも読んでね

たけちゃんで全然いいし かえってかしこまった関係は苦手な方だからぁ、、、`s(・'・;)

熱い語り大好物! 冷めてる方がカッコイイ 大人らしいと思われがちな世の中っしょ

おいらブログ5年間さ迷ってるけんどGAMIさんみたいに おいらの考えと似た人会った事がない!

ほんとなら同じ地域で 一緒に活動したいけど それは叶わぬ事

だから せめてネット上では 情報 思い エールの交換して行きたいっす(o^∇^o)ノ

末永くお付き合いお願いします
このブログ 友好団体の欄に入れていいっすかぁ? 宜しくお願いします。。。
たけちゃん
URL
2008/05/10 10:29
たけちゃん、こんばんは。だいぶ「たけちゃん」に抵抗がなくなってきました。(笑)

「ベッドの上の、ひとりごと」全部読ませていただきました。たけちゃん(と奥様)の当時のことが、ストレートに伝わってきて、一気に読んでしまいました。

「おいらと考えが似た人会った事ない!」…うれしいです。同じ思いを共有できる人がいるって、心強いですよね。

山形県のあつみ町、地図で探してみました。日本海に面していて、温泉があるんですね。魚がおいしそう。

これから、いろんなもの(?)を交換していきましょう。こちらこそ、よろしくお願いします。友好団体に入れていただけるんですか?ありがとうございます。このところ、リンクを増やすのは控えておりまして、お返しできなくてすみません。これに懲りず、今後ともよろしくです。
GAMI
2008/05/10 22:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
障害者サポートガイドの本 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる