ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS コミュニティフレンド(32)披露宴の招待席

<<   作成日時 : 2008/08/06 19:56   >>

トラックバック 0 / コメント 6

今日は、コミュニティフレンド(以下「」CF)の他のペアの出来事を、少しご紹介します。
CFとは、地域で障害のあるひとと「街の中の友だち」として関わる人のことです。
コミュニティフレンドについては、こちらをご参照ください。
 → テーマ「コミュニティフレンド」
先日、CFの一人のTさんが、ご結婚されました。
そのときの披露宴に、CFのパートナーさんをご招待されたそうです。

この話は、名川さんよりお聞きしました。
 名川さんのブログ記事 → 「コミュニティフレンドさんの結婚式に」(misc.)
私なりに感じるところがあったのですが、関連記事を書くのが遅くなってしまいました。

そのパートナーの親御さんは
「これまでうちの息子は披露宴に出ることはあっても、すべて親族席。招待席は初めてで感激です。礼装用のネクタイ買いに行かなくちゃ。」
と喜びを話してくださった。
 (misc.より引用)

なるほど、「招待席」というところに意味があるわけですね。

このブログに書き込みをするにあたってあらかじめ許可を取るために連絡をしたところ、新婦である女性(コミュニティフレンド)から、
「そんな大層なことをしたつもりもないのですが…。私としては、“最近親しくしている友人”の一人だと、単純にそう思って招待させていただきました。」
との返事をいただいた。
 (misc.より引用)

CFのTさんは、「あたりまえのこと」をしただけのつもりのようです。

さて、私だったらどうするかな?
私は既に家族がいるので、もう結婚はしませんけど。
仮に今結婚するとしたら、CFのパートナーの荒木さん(仮名です)を披露宴にご招待するか?

きっと、するんじゃないかと思います
もちろん、招待できる人数にもよりますが。
職場の人達、お世話になった人達、昔からの友人、そして現在の友人。
現在の友人の中で、荒木さんは間違いなく親しさ上位に入ります。
だって、毎月一緒に遊びに行っているわけですから。

あとは、木村さんと大山さんも。(ともに仮名です)
2人とも、同じ趣味を共有する、大切な友人です。
 木村さんと大山さんについてはこちら → テーマ「地域の友人として」
大山さんは他の仲間もいるので、大山さんだけ招待できるのかが、少し心配です。
でも、彼らの中では大山さんが一番深いおつきあいをしていることは、自他ともに認めるところだと思うので、「彼らの代表」ということで、大丈夫かな。

この話を聞いて、こんな妄想をしてしまいました。
これから結婚する若い人ならともかく、私の場合は完全に妄想ですね。
へんなオヤジです。

真面目な話、障害のある人がいわゆる「一般の人」の披露宴に招待されることが、「珍しい」とか「特別にうれしい」とか言われることが、おかしいことですよね。
そのはずなんだけど、現実はそうではない。
でも、少しずつ変わりつつある
事実、Tさんのように。
「珍しいこと」「特別なこと」が、「あたりまえのこと」「普通のこと」になってほしいと、強く願います。

Tさん、ブログでの紹介をご了解いただき、ありがとうございました。
そして、遅ればせながら、おめでとうございます。お幸せに。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ブログランキングが見れると同時に、私のブログにポイントが入ります。
  記事を読んだらポチッとな PRにご協力をお願いします!
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こいはよかお話ですね!!
感激しました!!
私も、結婚式に大親友・Nくんを呼びたいです!!
たかびごん
URL
2008/08/08 07:59
たかびごんさん、こんばんは。
珍しいことでも、わざわざ記事にするほどのことでもない、そんなふうにしたいですね。
GAMI
2008/08/09 00:35
この方のお父さん、自分は持っているのに、何を感じたのか、息子さんとお揃いの色違いのネクタイを買ったそうな。ホントにハッピーな思い出だそうです。
あらら
2008/09/30 00:06
あららさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
息子さんとお揃いのネクタイって、いいですね。お父さんもご一緒に出席されたということでしょうか。きっと誇らしく感じられたのではないでしょうか。
一方で招待した方は「あたりまえのこと」と思っている。そんな感じがなんともいい。私はそんな風に思いました。
GAMI
2008/10/01 22:12
お父さんは主賓?の招待で、本人は友人席だそうです。食事に介助が必要なので、隣の席のご夫婦(新婦友人)が介助されたとか。これ、障害者サイドからは当たり前ではなく、とってもハッピーな、二度とない思い出と思う“稀有”なことかもです。
あらら
2008/10/02 00:54
あららさん、なるほどそういうことでしたか。
当日の詳しい状況も知らずに記事を書いたことが、ばれてしまいましたね。(汗)
主賓をこんなに喜ばせる披露宴って、素敵ですね。
GAMI
2008/10/02 21:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
コミュニティフレンド(32)披露宴の招待席 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる