ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅人に道を教えるように

<<   作成日時 : 2008/11/27 19:42   >>

トラックバック 1 / コメント 7

先日、勤務先から帰宅する途中のできごとです。
旅人に駅で道を尋ねられました
アジア系の外国人4人連れです。
一番若い女性が、漢字で書いたメモを私に見せながら、カタコトの英語で尋ねます。
どうやらメモに書いてある駅まで、行きたいようです。
その駅は帰り道の途中なので、一緒に行くことにしました。

駅のホームで電車を待つ間に、少しやりとりがありました。
 旅人:「駅は6つ目?」
 GAMI:「6つ目だけど、快速だと4つめ」
 旅:「???」
 G:「こちらへどうぞ」
(路線図のところへ連れて行く)
 G:「今ここ、目的地はここ、各駅で6つ目、快速で4つ目」
 旅:「OK」
(電車が入ってくる)
 旅:「これに乗る?」
 G:「ダメ、これは止まらない」
 旅:「???」
 G:「見てごらん」
(再び路線図を示す)
 G:「これは通勤快速、目的地の駅は止まらない」
 旅:「OK」

次の快速に乗って目的地の駅まで行き、彼らはそこで降りました。
彼らは笑顔でお礼を言ってくれました。
私も笑顔で手を振りました。

<旅人のイメージ図=中国蘇州にて>
画像


旅人に道を尋ねられて嘘を教える者はいない
こんな言葉を聞いたことがあります。
国や地域によっては、そうではないかもしれません。
でも、旅人に道を尋ねられると、なぜか嘘をつく気にならないものです。
たとえ普段は少し意地悪な人でも。
そんな気がしませんか?

さて、今日は何が言いたかったかといいますと・・・。
旅人に道を教えることと、一緒ではないかと思うのです。
障害のある人をサポートすることは。
いわゆるボランティアもそうかもしれません。

自然に、できることを、当然のことのように。
決して「すごいこと」や「えらいこと」ではなく。
感謝や報酬は期待せず。
そして、あとでなにか清々しい気持ちになる。
お互いに心が温かくなる

旅人に道を教えることと、一緒ではないでしょうか
そんな気がした、ある日の夕方でした。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メルマガも発行しています。よろしかったらご購読ください。
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/18306/p/1/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ご協力をお願いします!
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エレベーターのボタンを押すように
障害のある人をサポートするには、「自然に」サポートすることが大切です。 言うのは簡単ですが、どうしたら「自然に」できるのでしょうか。 先日、このことをイメージするための、よい言葉を知りました。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/02/11 12:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
これは本当に心が温まりますね!!
私も、チャレンジドの方々に対して、その精神でいきたいですね!! (*^-^*)
たかびごん
URL
2008/11/28 17:46
たかびごんさん、こんばんは。
普通のことなんですけどね。
でもなんか温かい、そんなことです。
GAMI
2008/11/28 21:30
ちょっとお久しぶりになりました。

この話しは深いーーーと思いました。
一つに、「ボラ」と「ただの人」この違いと同じでることを考える上でとってもいい例だなーと思ったこと。さらに人には人の役に立とうというポテンシャルが誰にでもあるんだってことがわかるほんとにいいお話です。

二つ目は↓

INA
2008/12/12 16:21
二つ目は、GAMIさんという人。
旅行者との経緯から「旅人に道を尋ねられて嘘を教える者はいない」という言葉が登場する脳内構造、で、しかもこの言葉を知っていた、そして覚えていたという偶然。それからGAMIさんが持つ、困った人に選ばれるオーラ、加えてこのことを伝えることができてるということ。これはもう運命ですね。
 これまでのことも、これからのことも全て。
INA
2008/12/12 16:33
 ついでに
外国人は災害時要援護者に含んで考えられます。文化や言葉については日本に来た時点で障害を持っていると言っても過言ではないかな。日本がもっと外国の人や文化に慣れていたら、それは障害にならないのかもしれません。
 障害って相対的ですね。
INA
2008/12/12 16:39
INAさん、お帰りなさい。(笑)
しばらくコメントいただけず、寂しく思っていました。

いろいろとお褒めの言葉を頂戴して、くすぐったいです。
「人には人の役に立とうというポテンシャルが誰にでもある」…ですよね。
「私にはできません」と言う人がときどきいますが、誰にでもできるはずです。
自然に、できることを、当然のことのように。
結構みんなやってるんじゃないでしょうか。
(続きます)
GAMI
2008/12/13 14:33
「旅人に道を尋ねられて嘘を教える者はいない」という言葉を最初に聞いたときに、私は「ボラも同じかな」と思いました。
この電車での一件のときに、そのことを思い出して記事にしてみました。
「運命」…ですかねえ。
「これからのことも全て」…これからのGAMIはどこへ行く運命なのかな?
期待と不安です。(笑)

「障害って相対的」…なっ、なるほど。
日本人も海外に行くと、相対的に障害者になる場合があるわけですよね。
以前も少し書きましたが、このあたりまた記事にしてみたくなってきました。
またヒントください。
GAMI
2008/12/13 14:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
旅人に道を教えるように ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる