ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 友人の後任(下)

<<   作成日時 : 2010/02/06 11:35   >>

トラックバック 3 / コメント 2

「友人の後任」についての最終回です。
忙しくてだいぶ日が空いてしまいました。すみません。
1回目の記事はこちら → 友人の後任(上)
2回目の記事はこちら → 友人の後任(中)
今日は野球観戦仲間の大山さん(仮名です)について書かせていただきます。

大山さんは、私が休職してボランティアをしていた頃に通っていた、知的障害者施設の利用者さんで、その後もときどき彼とプロ野球観戦に行っていました。

私は障害のある人との「地域の友人としての関係」を大切にしてきました。
ですから今回の転居にあたり、「後任」を考えたくありませんでした。
普通、友人が転居するときに「後任」を探したりしないからです。

しかし荒木さん(仮名です)については、結果的には私と同じ立場の人が紹介されるかもしれません。
また木村さん(仮名です)については、「介助者の部分」についての後任は見つかりました。
これでいいのだと思います。
ところが、大山さんについては「後任」は探していません。

大山さんは、私が休職中に通っていた施設の利用者でした。
私たちはそこで知り合い、その後なんとなく誘い誘われして、一緒に野球を観に行くようになりました。
荒木さんのように、「仕組み」で知り合ったわけではありません。
大山さんは日常生活では特に介助は必要なく、知っているところなら横浜まででも一人で出掛けてしまいます。
木村さんのように、「介助者の後任」は必要ありません。
ですから、私の「後任」は必要ないのです。
今のところ私は「後任」を探していません。

<マリスタジアムにて>
画像


では、大山さんはそれでいいのかというと、どうでしょうか。
彼と一緒に野球観戦に行く友人は、他にはいません。
年間何十回もの観戦のほとんどは一人です。
年に数回一緒に行っていた私がいいなくなると、一人観戦のみになってしまいます。

もちろん、同じ施設に通う仲間はいますし、グループホーム(ケアホーム)で暮らしているので、毎日が寂しいということはないと思います。
しかし、最大の関心事である野球観戦を、一緒に楽しむ人がいるのといないのでは、大きな違いではないでしょうか。
(ちょっと自分の存在価値を過大評価しているかもしれませんけど)

でも、やはり私が「後任」を探すのには違和感があります。
それは、大山さんと私の「知り合い方」なのだと思います。
自然に知り合って、なんとなく誘いあって同じ時間を過ごすようになった。
彼が最も「友人らしい知り合い方」だったのかもしれません。

彼と観戦している間の話題は、野球の話と普段の生活の話が半々です。
普段の話のほとんどは、施設とケアホームの職員さんと利用者さんの話。
私もそのほとんどの人を知っているので、彼も話しやすいし私も聞いていて楽しい。
むしろ私は、大山さんに職員さんや利用者さんの近況を質問して、いろいろ教えてもらっていました。
このあたりも、彼が最も「友人らしい関係」だったように思います。
このブログの愛読者の方から、「大山さんの記事が一番好きです」と言われたことがあります。
きっとこの「友人らしさ」を感じて、そうおっしゃったのではないかと思います。

そんなこんなで、仮に私が野球が好きな人を大山さんに紹介しても、うまくいかないような気がするのです。
うまく言えませんけど。
やっぱり過大評価ですかねえ・・・。

3回に渡って「友人の後任」について書かせていただきました。
今回の転居に伴う「別れ」を通じて、自分の思いを再認識しました。
地域に知人・友人として彼らと関わる人が増えてほしい。
そうすれば、私が自分のことを過大評価することもありません。
「GAMIさん引っ越すんだ。寂しいな。元気でね。
 たまに会えるといいね。連絡ちょうだい。じゃあね。」
それだけ。普通の友人と同じように。

<関連記事> テーマ「地域の友人として」
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
友人の後任(中)
「友人の後任」についての2回目です。 前回の記事はこちら → 友人の後任(上) 今日は写真仲間の木村さん(仮名です)について書かせていただきます。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2010/02/06 11:39
なぜ障害者の友人が必要か
私は、障害のある人との友人としてのおつきあいを、大切にしてきました。 支援者としてではなく、「地域に住む友人」として、というところにこだわってきました。 障害のある人には、友人が必要です。 しかし、なぜ私には障害のある友人が必要なのでしょうか? ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2010/07/22 23:12
友人の引き継ぎ
先日、「荒木さん(仮名です)の新しいコミュニティフレンド(以下「CF」)の方とお会いした」という記事を書きました。 私の「後任」としてCFになった人と、お会いしたときの記事です。 この記事に『こういうことには「申し送り」なんてことがあるのでしょうか?』というコメントをいただきました。(INAさんより)  こちらの記事です → コミュニティフレンド(66)新しい出会いをプレゼント 今日は、この「友人の引き継ぎ(申し送り)」について書いてみます。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2010/12/23 18:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 この記事は(上)からとても興味深く拝見していました。私としてはCF(コミュニティーフレンド)の根本に迫る内容として受け取っていましたので、安易なコメントもできず、長々と打ちこんだコメントを何度か作成しては送信せずにおりました。
 今回も内容に触れてのコメントはできませんが、これまでの記事に関心度で順番をつけるなら片手で数えられるものであったことだけお伝えしておきます。
INA
2010/02/08 01:51
INAさん、とてもうれしいコメントをありがとうございます。「そんなにいい記事なのかな?」と思い、もう一度読み直しちゃいました。
確かにこの記事は、私の活動の本質に関わるものです。千葉での活動に区切りがついた今、総括する思いで書きました。ですから、それを受けとめていただけて、とてもうれしいです。
「コメントを何度か作成して送信せずに」・・・なんともったいない。どうぞINAさんの感じたままをお聞かせください。少し時間が経ってからでも結構ですので。きっと私も自分の思いを広げ、深められると思います。
GAMI
2010/02/09 00:24

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
友人の後任(下) ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる