ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 線を引くな

<<   作成日時 : 2010/04/22 21:25   >>

トラックバック 0 / コメント 6

ある障害者施設の職員さんから聞いた話を紹介します。
もう7年前に聞いたのですが、いまだに心に残っています。
今の私の考えに、大きな影響を与えた話です。

以下、その職員さんを「Kさん」とさせていただきます。
(実際のイニシャルではありません)

Kさんが、まだ研修中のときのことです。
知的障害のある人とどう関わったらよいか、まだ迷いがありました。
ある日先輩職員さんから、「Kさんは線を引いている」と言われました。
「自分と利用者との間に線を引いている」と。
「自分と障害のある人を別の人として分けて接している。」という意味です。

それ以来Kさんは、「障害のある人も自分と同じひとりの人である」と考えて、利用者さんと接するように心がけました。
しかしその後も毎日、Kさんは先輩から言われ続けました。
「まだ線を引いている」と。

Kさんは悩みました。
頭ではわかっている。
でも実際に関わる場面になると、どうすればよいのかわからない。
「線をひかない」とは、いったいどういうことなのか・・・。
そしてまた先輩から言われます。
「まだ線を引いている」

でもある日、わかったそうです。
「そういうことか」
そしてそれ以来、全く迷いがなくなったそうです。


細かい部分は、少し違っているかもしれません。
お許しください。

私がこの話を聞いたのは、休職してまもなくの頃です。
それまでも、障害のある人と関わった経験はありました。
でも、年に何回か単発のボランティアをしただけでした。
ですから、まだ「障害のある人は助けてあげるべき人」と漠然と考えていたかもしれません。

そんなときに聞いたこの話は、とてもインパクトがありました。
Kさんが話してくれた場所も、鮮明に覚えています。
その後もいろいろな場面で、この話を思い出しました。

<線を引く>
画像


Kさんは、「そういうことかとわかった」と話してくれました。
しかし「どういうことだとわかったのか」は教えてくれませんでした。
でも、なんとなくわかりました。
そして、その後だんだんわかっていきました。
私なりに。

私はこう考えるようになりました。
 世の中にはいろんな人がいる。
 私たちは互いに共通点と相違点がある。
 それだけ。

Kさんは先輩から、福祉施設の職員としての心構えとして、教わったのでしょう。
Kさんはそれを受け止めて、自分の考えとして消化しました。
そしてそれを、地域の人として障害のある人と関わろうとし始めていた私に、ヒントとして語ってくださったのだと思います。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
Kさんは「わかった」としか言わなかったように、先輩も「線を引いてる」としか言わなかったようですね
INA
2010/04/24 04:47
INAさん、いつもありがとうございます。
Kさんから聞いた話ですし、記憶は曖昧です。実際は具体的なアドバイスがあったのかもしれません。でも、先輩は漠然と「線を引いている」と話すことで、Kさん自身に考えてほしかったのかもしれません。「理屈ではなく、感じてほしい」という意味あいだったのかな。私にはわかりませんけど。
いただいたコメントが短かめですので、INAさんの意図と違っていたらごめんなさい。
GAMI
2010/04/24 22:44
そうですね。人の感じ方はそれぞれで、対象者と支援者との関係も1対1のそれぞれの関係性なのでしょうから、一概に「こうだ!」と決めつけてしまうよりも、それぞれに考える事が良いのでしょうね。
Heart さん
URL
2010/04/25 12:03
Heartさん、コメントありがとうございます。
Twitter始められてたんですね。ブログ「Heart さんの青空散歩」は、ときどき拝読しています。今回は、施設関連の記事ということもあって、コメントいただけたのでしょうか。ありがとうございます。
確かに人と人の関係は、理屈じゃ伝えにくいものなのでしょうね。私はどうしても言葉で整理しようとしてしまいます。腹に落とすやり方も、ひとそれぞれなのかもしれません。
今後とも、よろしかったらご訪問&コメントをお願いします。
GAMI
2010/04/25 19:48
初めまして。
いろいろな障害の方と、お話がしたくてブログを立ち上げていたのですが、特定の方だけのコメントをいただいていました。
僕もボランティアで癲癇児や癲癇者、発達障害児と係わってきました。
その中で僕なりにわかったのは、障害は個性なのだ言う事でした。
偏見や差別の壁を取り除くと個性という考えが身に着いたのです。今後ともブログを続けてください。読ませていただきたいと思います。
ケイメイ
2010/04/28 17:31
ケイメイさん、はじめまして。ご訪問&コメントありがとうございます。
「ケイメイの憂鬱」拝見しました。ほぼ毎日更新なんてすごいですね。私はこのところ週2回です。ケイメイさんの「障害のある人の集まる場にしたい」との思いが、いろんな人に伝わっていくといいですね。
今後ともよろしくお願いします。
GAMI
2010/04/29 08:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
線を引くな ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる