ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 弱者を支援する募金

<<   作成日時 : 2011/04/10 11:27   >>

トラックバック 1 / コメント 2

街頭募金に協力しました。
障害者の団体が実施しているもので、募金は被災した障害のある人の支援に活用されます。
先週、静岡市内でこの街頭募金が行われたことを知りました。
調べてみたところ、次の週末も行われることを知り、この日私は街に出掛けました。

街頭募金は、買い物客で賑わう街の中心部で行われていました。
障害のある当事者の方と、家族や支援者と思われる人々が、手に募金箱を持って支援を呼びかけていました。
私は募金箱に少額を投じて、「頑張ってくださいね」と声を掛けて、その場を後にしました。

<小雨の静岡市街>
画像


東日本大震災を支援する募金活動は、さかんに行われています。
いくつかのルートがあるようでが、集まった義捐金は被災者に届くことになります。
(一部の義捐金詐欺を除いて)
報道によると、日本赤十字社と中央共同募金会については、家族に死者・行方不明者がいる人と、住宅が全壊・半壊した人、原発から30km圏内に住む人に対してまず配分され、怪我をした人や床上浸水の被害を受けた人に対しては、改めて検討して決定されるそうです。
<関連webサイト> 日本赤十字社「義捐金の配分について」

全国・全世界からの心のこもった義捐金が、早く被災者の方々の手に渡り、生活の回復に役立つことを願います。

義捐金の配分は、一定の公平性を確保するために、客観的基準に基づいて行われる必要があります。
一方で、被災者の状況は必ずしも一律ではありません。
特に災害弱者と呼ばれる人々は、必要な支援が得られにくく、大変苦労している人が多いと思われます。
そういった弱者に対して、重点的に支援活動を行っている団体もあるようです。

縁あって障害のある人との関わりが多かった私としては、やはり障害のある人を特に支援したい。
人・物・金・情報、きっと全てに渡って支援が行き届かず、苦労しているに違いない。
自分で直接支援できないなら、支援する活動を支援したい。
そんな気持ちがありました。

今回協力した募金は、先月から存在を知っていました。
お世話になった知り合いからも紹介があり、webでも告知されていました。
銀行振込で協力することもできたのですが、静岡の街頭で募金活動があることを知り、あえて直接手渡しに出掛けました。

当日は小雨が降る中、仲間を支援しようと集まった人たちが、元気に声をあげていました。
私は静岡には、障害のある人や支援者の知り合いはいません。
今日出会った人も、私がどんな気持ちで今日街に出掛けたかは知らないでしょう。
でも、「頑張ってくださいね」「ありがとう」のやりとりだけでも、なにか少しだけ気持ちがつながったような気がしました。

この街頭募金は、来週も行われるそうです。
 日時 : 4/16(土)13:00〜15:00
 場所 : 静岡市葵区 青葉公園
募金への協力は、ご自身のご判断でお願いいたします。

<関連サイト> 毎日新聞「毎日jp」

<関連記事> テーマ「東北関東大震災」

★ブログランキングに参加しています。
 下記リンクをクリックしてください。
 「ボランティア雑記帳」にポイントが入ります。
 ご協力をお願いします。
ブログ村 障がい者福祉・介護

★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
初めてご訪問の方へ(目次)
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ミンナDEカオウヤ
「ミンナDEカオウヤ」プロジェクトをご存じですか? 被災したの障害者施設で作られた商品を「買うこと」で支援しようというものです。 市場を創り、買うことで、仕事を創る。 既に約1000万円を売上ているそうです。 東京の中野に店舗があるのですが、今日そこへ行ってきました。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/09/07 20:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
使途目的のある募金・・いいですねー
私の地域では「○○地区の家屋整理に行く」活動資金を募りました。○○地区に思いのある方が募金に応じて下さったでしょうし、訳も分からずただ地震被害者のためにと思った方もいたでしょうし、活動する有志団体にエールを送る意味で出してくれた方もいたと思います。
 募金にお金を出す側にとってはそのお金がどのように使われるのかはとても関心があるはずです。とは言え、義捐金ががどのように使われたかを追跡する人は少ないようですね。
 被災した障碍者のために・・・とてもよいことだと思います。
 被災者側でも「ここに使ってほしい」とぜひ声を出して頂きたいですね。
INA
2011/04/14 23:40
INAさん、こんにちは。
広く公平に分配される義捐金も必要でしょうけど、使途目的のある募金も必要ですね。目的が明確なら、安心して思いを込めて協力できます。「○○地区・・・」はかなり具体的ですね。そういう募金もあるんですね。

私は使い道には強い関心があります。今回協力した募金も、障害のある被災者のために使われると思いますが、無駄なく早く効率的に活用してほしいと思います。そういう意味も込めて「頑張ってください」と声をかけました。

「被災者も声を出してほしい」・・・確かにそうですね。「助けてください」と言うこと、言えるようにすることって、大事ですよね。
また教えてください。
GAMI
2011/04/16 13:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
弱者を支援する募金 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる