ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台・石巻(2)石巻で見たこと

<<   作成日時 : 2011/08/17 20:45   >>

トラックバック 3 / コメント 2

仙台と石巻の旅の2回目です。
今日は、2日目の石巻の様子を書いてみます。
石巻でボランティア活動をしている知人(の知人)を訪ねました。
現地には4時間しか滞在できませんでしたが、とても貴重な時間でした。

仙台・石巻に行くことになった経緯と一日目の様子は、こちらの記事をご参照ください。
<関連記事>
 ◆今週末、仙台に行きます
 ◆石巻にも行きます
 ◆仙台・石巻(1)知人の話とKスタ

<イオン石巻で見たポスター>
画像


活動しているのは、新妻さんと小野寺さんの二人です。
小野寺さんは一旦千葉に帰られていたので、この日迎えてくれたのは新妻さんです。
そしてもう一人、ちょうど千葉から応援にきていた大川さんもご一緒してくれました。

石巻では、新妻さんと大川さんの活動に同行する形で、被災者のお宅を2軒訪問しました。
お二人とも比較的ご高齢の、一人住まいの男性です。
それぞれに気がかりな事情があり、ときどき声をかけに寄っているそうです。
お宅に上がらせていただき、お話を聞きながらしばらく過ごさせていただきました。

震災当日の話、その後の話、昔の話、昨日の話、明日の話・・・。
そして、あれはどうしました?これは大丈夫?困ってることは?と声をかけます。
体調、食事、ガス、畳、仏壇・・・。
足りないものに気づけば、調達して次回持ってくる。(この日は線香とお花)
困ったことがあれば、関係者に取り次ぐ。(例えばガスのことをガス会社に)
しばらく話して、「じゃあまた来ます、お邪魔しました」と言って失礼する。
そんな活動でした。

この日はこんな感じでしたが、他にも次のような活動をしているそうです。(一部予定も含む)
 ・障害のあるお子さんのデイサービスへの送迎
 ・仮設住宅の兄弟と一日外出
 ・障害のあるお子さんとプールで遊ぶ
 ・ケア付き仮設住宅を訪問
 ・仲良し同級生グループとカラオケ
 ・特別支援学校の生徒たちとグループで松島へ
詳しい活動内容は、この記事の最後の<関連記事>から、五十嵐さんのブログをご参照ください。

<お宅にて>
画像


お話の中で、忘れられない言葉がありました。
 「先のことはわからないからね」
この方は、震災前にプロパンガスを都市ガスに替えたばかりだったそうです。
ところが震災後、都市ガスの復旧の見込みが立たず、再度プロパンガスに戻すことになったそうです。
時間も費用もかかることになり、「こんなことなら都市ガスに替えなければよかった」、という気持ちだそうです。

その話の中でおっしゃったのがこの言葉です。
 「先のことはわからないからね」
「こうなることがわかっていれば、都市ガスには替えなかったけど、先のことはわからないから仕方がないね」、という意味でおっしゃったのでしょう。
でも私には、「こんな地震と津波がくることがわかっていればいろいろと備えられたけど、まさかこんな大災害になるとはわからなかったから仕方がないね」と、震災のいろいろなことを思い浮かべながらおっしゃったように感じました。
私は「そうですね」としか、お応えできませんでした。

<瓦礫の山>
画像


移動中に、津波の被害が最も大きかった地域を通りました。
TVや動画サイトで見た光景が、目の前にありました。
瓦礫は数カ所に集められていましたが、膨大な量でした。
すでに5ヶ月経った状態ですが、被害の大きさに言葉を失いました。
新妻さんは、4月から避難所に入ってボランティアをしていました。
彼女の口から聞く当時の様子は、本当に・・・。
胸が苦しくなる思いでした。

遠くに日和山公園が見えました。
街を見下ろす立地で、被災の様子がよくわかるそうです。
この日も人影が見られました。
翌日の河北新報によると、この日帰省した人が多く日和山公園を訪れたそうです。
どんな思いでその景色を見たのでしょうか。

<被災した建物>
画像


最後に、避難所となっている学校にお届け物をしに立ち寄りました。
新妻さんが、震災後しばらく住み込んで活動していた場所です。
上の階は普通の学校の教室のように見えましたが、下の階は津波の直撃を受けた状態でした。
他の避難所はもっと環境がよいのですが、この地域の人の多くは自宅近くのこの避難所での生活を望んだそうです。

その後、大きな被害を受けた駅前の商店街を通って、石巻駅で降ろしていただきました。
地元の人の話も、新妻さん達の話も、目にした光景も、みんな心に強くしみこみました。

<石巻駅(サイボーグ009の002)>
画像


後半は、重い記事になってしまいました。
被災地の光景は衝撃的で、被災者の生活はまだ厳しいです。
それを見て、聴いて、そして書くと、どうしても重くなってしまいます。

でも、もう一度この記事の前半を読んでみてください。
新妻さんたちの活動は、記事の後半のように重くないんです。
しかし、決して軽くもない。
自然体でそして温かい活動でした。
なんだか「いい感じ」なんです。

今日は、「したこと」「見たこと」を書きました。
次回は、「感じたこと」を書いてみたいと思います。
新妻さんたちの「いい感じ」の活動について。
是非、読んでください。

<「仙台・石巻」関連記事>
 ★「仙台・石巻」シリーズ(目次)

<関連記事>
 ◆テーマ「東北関東大震災」
 ◆五十嵐さんのブログ → カテゴリー「石巻便り」
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
仙台・石巻(1)知人の話とKスタ
仙台と石巻に、2泊3日で行ってきました。 当初の目的はプロ野球観戦でした。 それに、仙台で被災した知人と、石巻で活動中のボランティアに会うことが加わりました。 とても充実した、よい旅になりました。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/08/17 21:18
石巻便り 8月17日(2)
新妻さんからのメールです。 僕には、思いっきりツボです。 送信日時 年8月17日 12:23 件名 まるでん GAMIさんが石巻にくる際に出会った女性からの情報で『まるでん』というラーメン屋にきています。作業所に通う男性と一緒に来ました。 今日は平日だが…… ...続きを見る
裕子ねーんね
2011/08/18 02:57
仙台・石巻(3)「いい感じ」のボラ活動
「仙台と石巻の旅」の3回目です。 石巻でボランティア活動をしている新妻さんたちと、半日ご一緒させていただきました。 その活動について、感じたことを書いてみます。 仙台・石巻に行くことになった経緯とこれまでの記事は、こちらをご参照ください。 <関連記事>  ◆今週末、仙台に行きます  ◆石巻にも行きます  ◆仙台・石巻(1)知人の話とKスタ  ◆仙台・石巻(2)石巻で見たこと  ◆仙台・石巻(2.5)ラーメン屋 この活動、最初に知ったときから、なんとなく気にな... ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/08/19 21:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は現地に行っていないので、その場で新妻さんたちと行動を共にした記録は、とても興味深いものです。
有意義なレポート、ありがとうございます。

「先のことはわからないからね」
あたりまえの言葉なのですが、実感することはなかなかありません。でも、実感をしていなくても、心の中に持ちながら生きていたい言葉です。

トラックバックいたしました。
五十嵐正人
URL
2011/08/18 03:11
五十嵐さん、コメント&トラバ&記事ご紹介、ありがとうございます。
私も短時間の滞在だったので、多くは伝えられませんけど。
お邪魔なだけの私を快く迎えてくれた新妻さんと大川さんに感謝です。
GAMI
2011/08/18 20:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
仙台・石巻(2)石巻で見たこと ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる