ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS カラーユニバーサルデザイン(色弱に関する本)

<<   作成日時 : 2011/10/08 17:19   >>

トラックバック 0 / コメント 6

「カラーユニバーサルデザイン」(カラーユニバーサルデザイン機構 著)という本を読みました。
私にとって、漠然としか知らない分野でしたので、興味深く読ませていただきました。
とてもわかりやすい、お勧めの一冊です。
この本が素晴らしいのは、「色弱の人はどのように見えているのか」を、多数のフルカラーの写真で表現しているところです。
この本を読んで、色弱の人が実際に何が見にくくて困っているのか、理解が深まりました。

<amazon>


主な著者の伊賀公一さんは、ご自身が先天性色弱者です。
そして、一級カラーコーディネーターとしてご活躍されています。
ですから、当事者の立場を専門的・論理的に説明することができます。

まずは基礎知識。
人間の色覚は、進化の過程でどのように変化してきたか。
その中で、いわゆる色弱とはどのような位置づけになるのか。
どのような種類があり、それぞれの比率は。
小学生の頃の色覚検査が、いかに不条理なものだったか。
色弱に関する言葉の表現について。

ちなみに伊賀公一さんは本書の中では「色弱」と表現しています。
色覚による社会における弱者という意味だそうです。
ですので、私もこの記事では同様に表現させていただきました。

続いて「色弱の人の見え方」。
代表的な具体例を、大きいフルカラーの写真を使って説明します。
そしてそれに対して、現在はどのように工夫されているかも、あわせて解説されています。
 ・「地下鉄の表示」
 ・「カレンダー」
 ・「信号」
 ・「焼肉」   等々
それぞれ「なるほど、そういうことか」と納得してしまいます。

私は「TVのリモコンの文字」が一番「ヒザポン」でした。
TVのリモコンには、青・赤・緑・黄の4色のボタンがついています。
そのボタンには「青」「赤」「緑」「黄」と色を示す漢字が書いてあります。
色がわかる人にとっては、漢字は不要ですよね。
でもわざわざ書いてあるのは、色を識別するのが苦手な人に、わかりやすくするためだそうです。

なるほど、ヒザポンです。
こんな例がたくさん、カラー写真付きで載っています。
本当にわかりやすいです。

<楽天>
【送料無料】カラ-ユニバ-サルデザイン

【送料無料】カラ-ユニバ-サルデザイン
価格:3,990円(税込、送料別)



色弱の人の見え方を確認する「色覚シミュレーションソフト」というものがあるそうです。
製品や表示が、色弱の人に不便でないかを確認して改善するためのものだそうです。
この本のフルカラーの資料も、このソフトを利用して作成されたとのこと。

とにかくわかりやすい、絶対お勧めの一冊です。
色弱について全く知らない人も、なんとなく知っている人も、よくご存知の人も。
それぞれに理解が深まる、とてもよい本だと思います。
是非ご一読を。

<関連webサイト=伊賀公一さんのブログ>
 「色弱が世界を変える カラーユニバーサルデザイン最前線 発売」
  (ソラノイロのブログ)
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
GAMIさんはよく本を読んでいますねー。
読んだ本のジャンルを拝見すると趣味が読書というのとは違うようです。勉強家と言えば聞こえが悪いですが、「チャレンジャー」「福祉学アスリート」そんな感じかなー

話逸れて・・
 依然ある企業から視覚障碍者が使いやすい製品開発のため視覚障碍者を紹介してほしいと頼まれた事がありました。ところが「ボランティアとして」という事でとても内心の葛藤がありました。
 企業の製品開発なら雇用しろと思ったものです。ですが「やりたい」という方がきっといらっしゃると言うことも予想できました。複雑な気持ちでした。
 結局は私は直接的にかかわらず、ボランティアセンターが対応しました、その問題に対しどう処理するべきかの自分の中の答えは出せないままです。
INA
2011/10/08 22:22
ブログ拝読しました。
色弱の方がどのように見えるのか?
自分が色弱でなければ通常はたいけんすることのできないこと。
私自身も、
「足の動かない私の気持ちが分かるのか」
等と言われたことが多々あります。
足が動く者にとっては想像もつかないことであることは間違いありません。
しかし、そのような方々の支援を行っていく上では、少しでも理解し、また、その理解を深めていこうと努力するということも大切だと思います。
何かと忙しく、本屋にもご無沙汰なこの頃ですが、次の機会には探してみたいと思います。
USC
2011/10/08 22:58
INAさん、おはようございます。
読書は得意ではありません。読むのが遅いんです。
チャレンジャー・アスリート…おお、なんだかカッコいいですね。すぐ「専門家ではありませんので」と言い訳して逃げてますけど、知識が無さすぎると恥ずかしいですから、少しずつ読んでるだけです。
でも、難しいアカデミックな本は苦手です。のでブログで紹介している本は、全部読みやすい本です。私でも読めますので、お勧めです。

視覚障害者の製品開発ですが、その企業が敢えて「ボランティアとして」とした意図は何でしょうか。「視覚障害者にもメリットがあるのだから」「意見を言う場を提供するのだから」という思いだとしたら、私は疑問に思います。その企業は、一般の製品開発でも消費者調査を「ボランティア」に依頼しているのでしょうか。同じであれば構いませんが、違うのであれば理由を尋ねたいところです。一般の製品開発をするときに一般の人に支払う正当な対価を、同時に用意して相談すべきだと私は考えます。
詳しい経緯や企業の意図がわかりませんので、トンチンカンになってたらごめんなさい。
GAMI
2011/10/09 09:29
USCさん、コメントありがとうございます。
他の人の不自由さは、本当のところの理解は不可能なのかもしれませんね。
大変さがわからず軽視してしまうことが多いですが、逆に大変さばかり過度に評価してしまうこともあります。
でも「どうせわからないから」と諦めては仕方ないので、少しでもわかろうとしていくしかありませんね。
この本は、フルカラーの写真満載なので少々お高いです。図書館で探してみることをお勧めします。
またご訪問ください。
GAMI
2011/10/09 09:36
 本の話からそれてスイマセン。
 私は直接その疑問を企業担当者にぶつけはしませんでした。自分の中で勝手に解釈した(多分当たってると思いますが)理由を書きます。

 なぜボランティアを求めたのか
 @ 障碍者に使い易い製品を作ろうとすること事体がボランティアだと思っている。
 A 予算を取れなかったし、取ってまでするほど重要視していない。

 簡単に言うとそんなことになるだろうと思います。
 依頼は製品のモデルができた時に、20〜30分程度使用感を試してもらう程度のニュアンス。わずかな謝礼は出すとの事です。

 私はその依頼、視覚障碍者ではないけれど私が受けたいとも思いました。良い製品開発のため役に立ちたいと・・・企業のためではなく使う人の役に立ちたいと・・・。でも、やはり私がやるべきではない。かと言って誰かを紹介することもできませんでした。
 サンデルさんに取り上げてもらっていろんな意見を聞いてみたい気もします。

 ごめん、また脱線ですが、「クロスロード」ご存知ですか?
→http://www.bousai.go.jp/km/gst/kth19005.html
右か左か?悩める問題がいっぱいです。
クロスロードの手法は災害に限らす、ボランティア、福祉、その他あらゆるものに対応できると思います。・・実はまだやったことがないんですけどね^^;みんなで意見を出していっしょに悩んでみたい・・・。


 
INA
2011/10/10 02:00
INAさん、おはようございます。
脱線は大歓迎です。話を膨らませていただき、感謝です。
ただ、記事と離れつつありますので、「掲示板」に場所を移しませんか?その方が気兼ねなくやりとりできると思いますので。
この後、製品開発とクロスロードについて、別々にスレ立てますね。
よろしくご了承ください。

<コメントを読んでくださる訪問者の方へ>
続きは「掲示板」でやります。
パソコンの人は、この画面左下の「掲示板」をご覧ください。
携帯の人は、こちらからどうぞ→ http://gamie2.bbs.fc2.com/
GAMI
2011/10/10 10:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
カラーユニバーサルデザイン(色弱に関する本) ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる