アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「その他・雑記」のブログ記事

みんなの「その他・雑記」ブログ

タイトル 日 時
更新を休止します
このブログは、当面の間、更新を休止させていただきます。 悪しからずご了承ください。 近況は、Facebookまたはホームページをご参照ください。 よろしくお願いいたします。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2015/10/23 16:53
新ブログ『ボランティア実践ノート』
新ブログ『ボランティア実践ノート』 新しいブログ『ボランティア実践ノート』をつくりました。 内容は次の3つです。  @私のこれまでのボランティア活動のご紹介  A「ボランティアの始め方」と「楽しむための心構え」  Bボランティアや障害について思いを巡らせて書いたコラム ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/06/05 13:48
ホームページ開設しました
ホームページ開設しました 個人のホームページを開設しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/12/30 12:30
近況報告
近況報告 約1年ぶりの更新となってしまいました。 近況をご報告させていただきます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/28 15:10
映画「DX(ディスレクシア)な日々」を観ました
映画「DX(ディスレクシア)な日々」を観ました ディスレクシア(Dyslexia)とは、読むことや書くことに困難さがある障害です。 発達障害の中の、LD(学習障害)の一種です。 このブログを読んでいる人は、既にディスレクシアのことを既に知っている方も多いと思います。 でも、日本の一般の人は、まだほとんど知らないのではないでしょうか。 かくいう私も、本を一冊読んで、講演を動画で一度聴いただけでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/07/01 12:06
ボランティアは偽善か
「ボランティアは偽善だ」と言うのを、見聞きすることがあります。 それに対して「いや偽善ではない」とか、「偽善でも役に立てばよい」といった、反論があるようです。 しかし、私には何のことだかわかりませんでした。 ボランティアと偽善が、全く結びつかなかったのです。 でも、最近やっとわかってきました。 なぜ、ボランティアが偽善と言われるのか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 14

2012/04/06 23:47
「障害者や家族の味方」ではない
「障害者や家族の味方」ではない 私は、障害のある人ご本人やそのご家族の「味方」ではありません。 もちろん、決して「敵」ではありませんし、どちらかというと「味方」に近いのかもしれません。 しかし、障害者や家族とはいろいろ違うのです。 それをわかってほしい。 言いたいことは、そういうことなんです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/20 13:37
「できないこと」を許さない社会
荒井裕樹さんの論考を読みました。 タイトルは、『生き延びるための「障害」』。 副題は、『「できないこと」を許さない社会』です。 ずっとモヤモヤと考えていたことが、全部ここに整理されて論じられていて、読んだとき鳥肌が立ちました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/09 23:54
マンガで読むADHD
マンガで読むADHD 「めざせポジティブADHD」という本を読みました。 当事者である「あーさ」さんが書いた本です。 書名の通り、「ADHDという障害をポジティブに受けとめて前向きに生きていこう」、という内容です。 そして、この本の最大の特徴は、「ギャグマンガである」ということです。 全編、「あーさ」さん自らが描いたギャグマンガなんです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/03/02 20:55
ディスレクシアの講演
とてもよい動画を見つけました。 ディスレクシアについての約1時間の講演を、動画で観ることができます。 ディスレクシアは学習障害の一種で、文字の読み書きを中心に困難を抱える障害です。 講師は、神山忠先生(岐阜市立岐阜特別支援学校 教諭)です。 とてもわかりやすく、気持ちのこもった講演です。 是非、ご覧ください。 (動画は記事の一番下にあります) ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 3

2012/02/18 14:46
義理では買わない(障害者の作品・商品)
義理では買わない(障害者の作品・商品) 障害のある人がつくった作品や商品。 いろんなところで販売されています。 福祉ショップ、作業所、バザー、文化祭…。 私も気に入ったものがあると、ときどき購入します。 しかし、義理では買いません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2012/02/09 22:48
ダイバーシティの研修でわかったこと
 ダイバーシティの研修でわかったこと 昨年のことですが、ダイバーシティ(多様性理解)の研修に参加しました。 「人の多様性の重要性を理解しよう」というものです。 なかなかよいプログラムで、気づきもたくさんありました。 そして、最後にわかったこと。 それは、「ここではまだ圧倒的に多様性が足りない」ということでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2012/01/13 20:58
利用者と職員の両方の視点をもつ人
利用者と職員の両方の視点をもつ人 利用者の気持ちがわかる職員。 職員の気持ちがわかる利用者。 相手の思いを理解するのは、なかなか難しいのかもしれません。 しかし、利用者・職員の両方の視点をもつ人がいます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/01 22:13
入院して考えたこと
入院して考えたこと 私は30歳代のとき、病気で入院したことがあります。 原因は内臓疾患で、「1ヶ月入院→1ヶ月自宅療養→短時間勤務」という形で職場復帰しました。 後から考えたら、「もしかしたら危なかったかも」という状況でしたが、おかげさまで完治しました。 再発や後遺症の心配はなく、今は元気に暮らしています。 今日は、この入院したときに考えたことを書いてみます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2011/11/25 21:44
「困ったボランティア」にならないために
「困ったボランティア」にならないために 前回、「ボランティアの心構え」について書きました。 今日は、「困ったボランティア」にならないためにはどうしたらいいか、について書いてみます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/21 23:40
ボランティアの心構え
ボランティアの心構え 「ボランティアの心構え」って、どんなことでしょう。 ボランティアセンターで配布しているガイドブックや、ボランティア団体のwebサイトなどに載っています。 私も先日、ボランティア講座の講師をさせていただいて、そんな話をしました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 5

2011/10/15 00:04
カラーユニバーサルデザイン(色弱に関する本)
カラーユニバーサルデザイン(色弱に関する本) 「カラーユニバーサルデザイン」(カラーユニバーサルデザイン機構 著)という本を読みました。 私にとって、漠然としか知らない分野でしたので、興味深く読ませていただきました。 とてもわかりやすい、お勧めの一冊です。 この本が素晴らしいのは、「色弱の人はどのように見えているのか」を、多数のフルカラーの写真で表現しているところです。 この本を読んで、色弱の人が実際に何が見にくくて困っているのか、理解が深まりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/10/08 17:19
「障害者」に勇気をもらったことはない
「障害者がハンディと闘いながら、それを乗り越えて頑張っている姿に、勇気をもらいました。」 TVのドキュメントなどの感想として、よく聞かれるコメントです。 しかし、私は「障害者」に勇気をもらったことはありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/29 20:46
「モンダイな想像力」を読みました
「モンダイな想像力」を読みました 「自閉っ子におけるモンダイな想像力」(ニキ・リンコ著)を読みました。 以前から読みたいと思っていました。 自閉症の人の一見不思議に思える行動の理由を、とてもわかりやすく書いてあると聞いていましたので。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/09/20 20:36
ボランティアは昼食後のハミガキ
ボランティアは昼食後のハミガキ ボランティアは「昼食後のハミガキ」に似ています。 よく言われるんですよ。 「エラいですね」って。 別にエラくないのに。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/01 20:43
精神障害者雇用セミナー
精神障害者雇用セミナー に参加しました。 企業の人事担当者向けのセミナーです。 基本的な知識が提供され、先進事例も紹介されました。 精神障害について理解が浅い私にとって、有意義なセミナーでした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2011/07/17 21:20
映画「幸せの太鼓を響かせて」
映画「幸せの太鼓を響かせて」 を観ました。 知的障害のある人を描いた映画です。 ネタバレ記事にならないよう気をつけますが、感想を少々。 私には少し不思議な映画でした。 観たあと、「何を描いたのだろう?」という疑問が残りました。 違う感想をもった人もいると思います。 それが狙いなのかもしれません。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2011/07/13 20:05
なぜ地震で時計は止まるのか?
なぜ地震で時計は止まるのか? 大地震が起きると、時計が止まります。 TVの報道などを見ていると、被災地の家や学校の時計が、地震発生の時刻で止まっている様子が映ることがあります。 でも、なぜ地震が起きると時計はとまるのでしょうか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2011/07/08 21:17
講演会のお知らせ
千葉で3月に行われる講演会のお知らせです。 私がお世話になっている佐々木さんから、告知のご依頼をいただきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/02/16 22:59
エレベーターのボタンを押すように
エレベーターのボタンを押すように 障害のある人をサポートするには、「自然に」サポートすることが大切です。 言うのは簡単ですが、どうしたら「自然に」できるのでしょうか。 先日、このことをイメージするための、よい言葉を知りました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/31 21:24
障害者雇用に積極的な会社
障害者雇用に積極的な会社 障害者雇用に関する本を、3冊読みました。 日本で障害のある人を積極的に雇用している会社を紹介した本です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/19 21:56
読書が遅い
読書が遅い 私は読書が遅いです。 字を読んで理解するに、時間がかかるのです。 本はもちろんですが、メール、ビジネス文書、TVや映画の字幕など、みんな読むのが遅いです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2011/01/10 10:35
一人で異国に行ってご覧なさい
一人で異国に行ってご覧なさい 自分とは異質な人を見ると、とまどってしまいます。 あそこが違う、ここも違う、違うところだらけ。 自分は普通なのに、どうしてこの人はこんなに特別なんだろう。 こんなに変な人とは一緒にいられない。 そんな風に感じてしまいがちです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 2

2010/08/07 00:28
笹森さんの本を読みました
笹森さんの本を読みました 先日ご紹介した笹森理恵さんの本を、読み終わりました。 「ADHD・アスペ系ママ へんちゃんのポジティブライフ 〜発達障害を個性に変えて〜」(明石書店)です。 とても楽しく読める本で、一気に読んでしまいました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/01 20:10
女性はマルチタスク(後)
女性はマルチタスク(後) 前回、女性がミーティングや会合で、発言者の話を聴きながら個別に会話をする能力は、素晴らしいと書きました。 今日は、この話が多様性理解やダイバーシティの話であることを書いてみます。 それほど大それたことではありませんので、気軽に読んでください。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/10 21:29
女性はマルチタスク(前)
女性はマルチタスク(前) 私は、女性の私語が苦手でした。 でも今では、私にはないひとつの能力だと思って、憧れています。 いきなりそんなこと言っても、何のことかわかりませんね。 つまりこういうことです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/08 22:10
マザー・テレサの言葉
マザー・テレサの言葉 今年(2010年)はマザー・テレサの生誕100年だそうですね。 先日、TVで映画「マザー・テレサ 母なることの由来」を観ました。 そのなかで、最も私の心に深く刻まれたのは、次の言葉でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/06/19 18:37
遅れる利用者と叱る職員
遅れる利用者と叱る職員 ある障害のある人と、一緒に外出したときのことです。 その人は施設で暮らしていました。 私は施設に迎えに行って、施設に送り届けました。 帰りが予定より遅くなりました。 待っていた職員さんは、その利用者さんを叱りました。 私はそのやりとりを見ていて、残念な気持ちになりました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 15

2010/06/13 18:18
普通の人って?
普通の人って? NHKの「ハートをつなごう」という番組を観ました。(ちょっと時間が経ってしまいましたが) 私が観たのは「ダブルマイノリティ」の2回目です。 その中で、笹森理絵さんがおっしゃった言葉に、強く共感しました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2010/05/28 22:40
障害は異文化?
障害は異文化? 「障害は異文化だ」と考えていた時期があります。 今では、大きな見当違いだったと思っています。 でも、ある意味では正しかったようにも思えます。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 4

2009/10/14 21:43
話したいことがある
話したいことがある 少し前の話ですが、心を揺さぶられる出来事がありました。 ある施設に、用事があって行ったときのことです。 そこで、Sさん(実際のイニシャルではありません)に久しぶりに会いました。 その施設に入所して生活している人です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/26 20:16
広い了見
広い了見 以前、休職してボランティアをしていたときの話です。 知的障害のある人の施設で、昼休みによく野球をしました。 狭い広場でするので、やわらかいボールとプラスチックのバットでやります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/14 21:04
ボランティアをする?
ボランティアをする? 「ボランティアをする」と言うことがあります。  ・ボランティアをしています  ・ボランティアをしませんか?  ・ボランティアをやってみたい でも、「ボランティアをする」は、不思議な言葉のような気がします。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 10

2009/08/28 22:55
明日は我が身?
明日は我が身? 「明日は我が身と思って、ボランティアしています。」 「明日は我が身と思って、ご支援をお願いします。」 このような言葉を時々耳にします。 聞くたびに、何か違うような気がしていました。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 11

2009/08/01 11:27
そんなはずはない<解答編>
そんなはずはない<解答編> 10日前にクイズを出しました。 今日はその解答を発表します。  問題はこちら → そんなはずはない<問題編> ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2009/06/15 19:45
そんなはずはない<問題編>
そんなはずはない<問題編> 突然ですがクイズです。 まずは挑戦してみてください。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/06/04 20:37
40歳代男性は怪しい
40歳代男性は怪しい 私は40歳代男性です。 この属性でボランティア(のようなこと)をしている人は、比較的珍しいです。 ですので、ときどき怪しまれます。  変わった人?  いったいどうして?  何が目的?  詐欺・犯罪?(笑) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2009/05/28 20:25
「レイルマン」を読みました
「レイルマン」を読みました 副題は「自閉症の文化への道しるべ」です。 自閉症のダダ君を息子にもつ、奥平綾子さんの著書です。 楽しく読めて、自閉症についての理解が深まる一冊です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/23 20:07
「こんな夜更けにバナナかよ」を読みました
「こんな夜更けにバナナかよ」を読みました 札幌で自立生活をする鹿野さんと、ボランティアたちを描いたドキュメンタリーです。 2003年の本ですから、6年前の本です。 以前から読んでみたいと思っていた一冊です。 昨年末末、このブログにいただいたコメントに、この本のタイトルがありました。 いよいよ読む気になり、Amazonで手に入れました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/25 21:00
あふれるボランティア
あふれるボランティア 特定のボランティア活動に、人気が集まることがあります。 そして、応募者が多すぎて断られる場合があります。 そのとき応募者はどのように感じるでしょうか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/10 20:34
「なぜ人は虐待するのか」を読んで
「なぜ人は虐待するのか」を読んで 読書感想文です。 野沢和弘さんの「なぜ人は虐待するのか」を読みました。 ずっと読んでみたいと思っていた本です。 昨年(2008年)11月に出席したシンポジウム会場で販売されていたので、即、買って手に入れました。 (最後の一冊だったのでラッキー!)  11月のシンポジウムの様子はこちら   → コミュニティフレンド(38)シンポジウム終了 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2009/02/07 20:11
ワークホーム「くるみ」(2)
ワークホーム「くるみ」(2) ワークホーム「くるみ」に寄ってみました。 設立した頃にお邪魔したのですが、その後ご無沙汰していました。  設立当初の様子はこちら → ワークホーム「くるみ」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/01/29 20:08
「きらっといきる」は改革すべきか?
NHKの「きらっといきる」という番組をご存知でしょうか。 障害のある人の前向きな生き方を、ドキュメントで紹介する番組です。 昨年(2008年)後半、「きらっと改革委員会」というシリーズが放映されました。 少し時間が経ってしまいましたが、今日はそのことについて、若干触れさせていただきます。 ...続きを見る

トラックバック 3 / コメント 4

2009/01/17 23:04
祝!NPO法人「PandA−J」設立
祝!NPO法人「PandA−J」設立 NPO法人「PandA−J」設立記念シンポジウムに出席してきました。 (先月のことです。いつも記事が遅くてすみません。) 権利擁護と成年後見のNPOです。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2009/01/09 23:41
大手町は異様な風景
東京の大手町の風景は異様です。 同じような人が、たくさん歩いています。 世の中には、もっと多様な人がたくさんいるのに。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2008/12/24 19:43
特例子会社ってどうですか?
「特例子会社」をご存知でしょうか? 皆さんは「特例子会社」について、どのようにお考えでしょうか? ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/19 19:59
旅人に道を教えるように
先日、勤務先から帰宅する途中のできごとです。 旅人に駅で道を尋ねられました。 アジア系の外国人4人連れです。 一番若い女性が、漢字で書いたメモを私に見せながら、カタコトの英語で尋ねます。 どうやらメモに書いてある駅まで、行きたいようです。 その駅は帰り道の途中なので、一緒に行くことにしました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 7

2008/11/27 19:42
一緒に歌おう
ちょっといい動画を見つけました。 まずは、こちらをご覧ください。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/10/28 20:10
やはり私は特殊なのか
先日、知人に話をする機会がありました。 私がこれまでやってきたこと、感じたこと、今やっていること、思い、夢・・・。 このブログに書いているようなことです。 その知人の感想は、「君は特殊だ」でした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 13

2008/08/27 20:57
日本は狭かった
忘れてました。 日本は狭かったんでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/21 22:45
気をつけようと思います
世の中にはいろんな人がいる。 誰かが普通で、誰かが特別なのではない。 お互いに共通点と相違点がある。それだけ。 障害も相違点のひとつにすぎない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/29 00:01
福島先生のご講演
福島智先生のご講演を聴いてきました。 福島先生は、盲聾者です。 盲聾者のコミュニケーション手段のひとつである「指点字」は、福島先生と先生のお母様が考案されたものと言われています。 先生は現在、東京大学先端科学技術研究センター バリアフリー部門の准教授でいらっしゃいます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/24 21:34
平日?休日?
お陰様で、いろいろな機会にお誘いいただくことが増えました。 セミナー、座談会、勉強会・・・。 地域での活動やこのブログなどを通じて、たくさんの人と知りあうことができたからだと思います。 人の繋がりは大切ですね。感謝感謝です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/06/04 07:02
なぜ障害関連なのか?
私がやっているボランティア(のようなもの)は、障害関連です。 なぜ、障害関連の活動をしているのか? たまたま縁があったからです。 最初の活動が障害関連だった。それだけのことです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/27 22:10
過去記事も読んでね
いつもご訪問ありがとうございます。 個人の活動内容や勝手な思いを、拙い文章で書いただけのチッポケなブログを、辛抱強く支えていただき本当に感謝しています。 さて本日は、感謝ついでに(笑)、厚かましいお願いです。(汗) もしよろしかったら、過去記事も読んでいただけると、うれしゅうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/15 21:19
今頃「五体不満足」
今頃になって、「五体不満足」(乙武洋匡著)を読みました。 なんとなく今まで読んでいませんでした。 読んでみて改めて感じたのは、乙武さんはパワー溢れる前向きな人だということです。 「障害者」としてではなく、ひとりの人として。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/05/06 13:31
お断りすること
最近、お誘いをお断りすることが少し増えました。 「こういう活動をしているんですけど、来ていただけませんか?」  → 「せっかくですけど、これ以上活動を広げられないので。」 「来週、一緒に出掛けてくれませんか?」  → 「ごめんなさい、その日は予定があるので。」 「3人でカラオケに行くんだけど、一緒に行かない?」  → 「ごめん、カラオケちょっと苦手。それより野球行こうよ。」 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/04/18 22:32
温もりを活かそう
少し前に参加した勉強会の話です。 「障害者の作業所の商品は、どうしたら売れるようになるか」というのがテーマでした。 全国の作業所の方が商品を説明して、それに対して意見交換するような内容です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/07 22:44
思いこみ
とてもよい記事を見つけました。 ミナトさんのブログ「Tea Time By The Ocean」の記事です。 まずは、記事本文をお読みください。  こちらです → 「働くひと〜トラッドな店員さん〜」 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 9

2008/03/20 10:47
読書3本勝負
読書感想文を3つほど。 今回はまとまったテーマではなく、3冊3様の内容です。 強いて言えば、企業関係者っぽい本です。 でも、一般の人や福祉関係の方にも、読んでいただきたい本ばかり。 いずれも平易で読みやすい本ですので、構える必要は全くなしです。 「おもしろそう」と思ったら、お気軽にどうぞ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/03/16 08:22
障害者サポートガイドの本
「障害児者へのサポートガイド」という本を読みました。 ポイントをおさえていてわかりやすく、これから障害のある人をサポートしようとする一般の人には、とても読みやすい本だと思いました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/03/06 23:26
価値ある個性
とても素敵な話を聞きました。 聞いた時、鳥肌が立ちました。 うまく皆さんに伝えられるか自信がありません。 でも、とにかく読んでみてください。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2008/02/29 20:45
映画「ふるさとをください」
きょうされん30周年記念映画「ふるさとをください」の、完成試写会に行ってきました。 精神障害者の作業所をめぐる、地域の人とのふれあいを描いた映画です。 これから全国で上映会が行われる予定です。  <関連サイト> きょうされん ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/27 23:55
LDとディスレクシアの本
LDとディスレクシアの本を読みました。 いつも生意気なことを書いていますが、私は障害や福祉のことをきちんと勉強したことがなく、基礎的な知識や考えが不十分です。 もう少し勉強しなければと、このところポツポツと読書をしています。 今回読んだのは次の2冊です。   (1)はLD(学習障害)、(2)はディスレクシアについての本です。 ともに、障害のある本人または家族の体験談を中心に、LD・ディスレクシアについての解説と対応について書かれていました。 日本でLDが一般に認知され始めたのは、ま... ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 6

2008/02/13 20:34
転勤
タイトルを見て、「えっ、GAMIさん転勤になっちゃったの?」と思った人かいるかもしれません。 びっくりさせてごめんなさい。 転勤になったわけではありません。 でも、私の仕事は転勤があります。 現職は3年になりますので、そろそろ転勤になってもおかしくありません。 今日は、会社員の転勤のことを少し書きます。 (ちょっと愚痴になるかも…) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 12

2008/02/06 21:23
所属団体名=「ただのひと」
障害・福祉等のセミナーや勉強会に行くと、いつも受付で困ることがあります。 必ず「所属団体名」を聞かれるのです。 テーブルの上に紙が置いてあって、表の一番上にはこう書いてあります。  「お名前」「所属団体名」 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 19

2008/01/29 18:47
ユニバーサル・サービスの本
ユニバーサル・サービスに関する本を読みました。 今日はその読書感想文です。 読んだのは次の3冊です。  (1)「ユニバーサルサービス―すべての人が響きあう社会へ」  (2)「“ユニバーサル”を創る!―ソーシャル・インクルージョンへ」  (3)「知的障害のある人のためのバリアフリーデザイン」    (1)と(2)は、博報堂でユニバーサルデザインの仕事を手がけながら、個人としてもさまざまな障害のある方たちとのネットワークを構築してきた、井上滋樹さんの著書です。 商品や街づくりのユニバ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/13 01:18
社会企業家の本
社会企業家に関する本を、2冊読みました。 今日はその読書感想文です。 読んだのは次の2冊です。  (1)「社会企業家〜「よい社会」をつくる人たち」    (町田洋次著、PHP新書、2000年)  (2)「社会企業家〜社会責任ビジネスの新しい潮流」    (斎藤槙著、岩波新書、2004年) ともに少し古いのですが、基本的なことを理解するにはまずまずの本でした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/06 23:16
たくさんの再会
吉野さんの「たのまる」のことを、もっと知りたい方へ。 関連情報は、近日まとめてお知らせします。 もうしばらくお待ちください。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/04 21:51
満足感を伝えよう「森を守る活動」
森を守るボランティア活動に参加してきました。 バスに乗って富士山の裾野の森まで行って、間伐作業や森に親しむ活動をするというもので、約100人が参加しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/28 23:06
読んでほしい記事
先日、このブログの「人気記事」をご紹介しました。 皆さんにたくさん読んでいただいた記事のランキングです。  その記事はこちら → 「人気記事」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/12 00:03
謝礼、交通費、食事代(2)
前回に続きまして、謝礼、交通費、食事代等についてです。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 3

2007/07/26 19:29
謝礼、交通費、食事代(1)
ボランティアに対する、謝礼、交通費、食事代はどうするか。 依頼者側も活動者側も、迷うことがあるかもしれません。 ボランティアセンターの「ボランティア募集一覧」などを見ると、「交通費一律500円支給、食事なし」「交通費なし、昼食提供」「交通費、食事代なし」など、様々です。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2007/07/24 20:13
ブログカード(名刺)作りました
ブログカードを作りました。 ブログ名とアドレスを書いたカードで、名刺のようなものです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/06/15 22:59
ワークホーム「くるみ」
この4月、家からそう遠くないところに、ワークホーム「くるみ」ができました。 平日に休みがとれたので、午前中に用事を済ませた後に寄ってみました。 「くるみ」とはどんなところなのか、まずはちらしの抜粋からご紹介します。 <名前の由来> 絶対に割られることのない強さを持ち、実の詰まった感動を多くの人にプレゼントしていきたい。 <利用者> 障がい種別を問わない 定員8名 <設置の目的> 障がいをもつ人たちは、ともすれば何かをしてもらう側になりがちですが、地域の一員としてできることはないだ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/05/24 23:25
「ありがとう」でいきましょう
ボランティアには、「ありがとう」と言うことにしてはいかがでしょうか。 「ボランティアに感謝してほしい」という意味ではありません。 「すみません」より、「ありがとう」のほうがいいかな、という意味です。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 4

2007/05/18 23:42
「条例のある街」を読んで
野沢和弘さんの「条例のある街」という本を読みました。 「障害のある人もない人も共に暮らしやすい千葉県づくり条例」が、2006年10月に成立するまでの様子を紹介した本です。 野沢さんは毎日新聞社会部の副部長(当時)で、「千葉県障害者差別をなくすための研究会」座長として、この条例の成立にご尽力された方です。 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 9

2007/04/28 23:34
臆せず・笑顔で(yukaoさん)
今日は、yukaoさんのボランティア活動をご紹介します。 yukaoさんは、「HAPPY LIFE」というブログを書かれています。 私はBIGLOBEのウェブリブログの「ボランティア」というテーマから「HAPPY LIFE」を見つけて、それ以来愛読しています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/09 22:52
ふらっと寄ってみました
今日は、以前しばらく通っていた知的障害者の施設「S」に、ふらっと寄ってみました。  「S」に通っていた頃の記事はこちら → 活動の原点「S」(1) 家族を車で送り迎えする関係で、約1時間空いた時間ができたので、思いつきで「S」に車を走らせました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/07 17:11
コメントのご紹介
「INAさん」とおっしゃる方から、いくつかコメントをいただきました。 ご自身のご経験から、考える視点をご提供いただき、うれしく思いました。 おかげさまで、たくさんの「気づき」をいただきました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/05 20:17
防災ボランティアに学ぶ
先日、能登半島地震が発生しました。 被害にあわれた方には、心よりお見舞い申し上げます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/04/01 16:48
「ボランティア」とは?<おまけ>
前回の記事「ボランティアとは?」のおまけです。 先日、千葉ロッテマリーンズのファンクラブ「TEAM26」から、下記のようなメールが届きました。 ボランティアスタッフ募集のお知らせ TEAM26入会促進キャンペーンのボランティアスタッフを募集いたします。 <開幕前JR駅構内TEAM26入会促進キャンペーンボランティアスタッフ募集要項(TEAM26会員限定)> 〜マリーンズのお仕事を体験してみませんか?〜 【概要】 JR千葉駅ならびにJR津田沼駅の駅構内でANAマイレージクラブマリ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/03/08 20:21
「ボランティア」とは?
「ボランティアとは何か?」 「これはボランティアなのか?」 「そんなのはボランティアではない。」 ...続きを見る

トラックバック 4 / コメント 16

2007/03/06 21:59
ボランティアのはじめかた
ボランティアを始めようと思っても、「どうしたらよいかわからない」というひとは多いと思います。 今日は、ボランティアの始めかたについて書いてみます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/14 21:33
はじめに
GAMI(がみ)です。 40歳代の普通の会社員です。 今日からブログを始めます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/01 20:31

トップへ | みんなの「その他・雑記」ブログ

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
ボランティア雑記帳 その他・雑記のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる