初めてのボランティア①

さて、まずは「私の初めてのボランティア」について書いてみます。

私の「初ボラ」は2000年の「KIDSプロジェクトというものでした。
「障害のあるこどもたちと一緒に、ディズニーランドで一日遊ぼう!」というものです。

私はそれまで漠然と「何かやってみたい」という気持ちはあったものの、何をしたらよいのかわからない状態でした。
何か熱中するものを探していたのかもしれません。
阪神大震災の時も「行かなくていいのかなぁ」と思いながら、結局何もしませんでした。
もちろん、福祉や障害とは全く関わりはありませんでした。
そんなとき、会社でボランティアの募集がありました。
KIDSには私の勤める会社が協賛していて、社員ボランティアも募集していたのです。
「これならできるかな」と思い、「よし、やってみよう」と参加してみたわけです。
若い頃はディズニーランドに何度も遊びに行っていたので、介助はできなくても園内の案内で役に立てるかな?という軽い気持ちでした。

当日は、「こども3人、ボランティア7人」のグループで行動しました。
(プロジェクト全体では約1400人が参加)
私とパートナーになったのは、脳性麻痺の子でした。
それまで、障害のあるひととほとんど全くふれあいがなかった私は、事前に配られた資料の「脳性麻痺」のところを、蛍光マーカーを使いながら何度も読んで行きました。
事前説明会にも参加し、生まれて初めて車椅子を触り、開けるときに手を挟んだりしました。
障害のある子とどうつきあえばよいのか不安でしたし、傷つけるようなことを言ってしまうのではないかと心配でした。

さて実際に会ってみると、彼はディズニーランドで遊ぶのを楽しみにしていた様子で、私とも明るくふれあってくれました。
私も、アトラクションに障害者用の通路から乗るのが珍しくて、そんな非日常を楽しんでいました。
なかでもホーンテッドマンション」(洋風お化け屋敷)には感激しました。
車椅子利用者が乗るときは、2人乗りの乗り物を一度止めてくれます。
そうすると館内の乗り物全てが一時停止してしまいます。
その不自然さを補うために、幽霊の声で次のようなアナウンスが流れます。
「イタズラ好きの幽霊たちが、また止めてしまったらしい。そのまま少し待っていてくれたまえ。」
私はそれまでに何度もこのアナウンスを聞いたことがありました。
そのたびに、「ホーンテッドマンションは故障が多いな」と思っていました。
この日「これだったのか!」と謎が解け、とても感激しました。

初めての記事で気合が入りすぎて、ちょっと長くなってしまいました。
続きは次回ということで、本日はここまでにさせてください。
では。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 今日の研修で会った皆様へ

    Excerpt: GAMIです。 本日(11/2)、ある研修でスタッフとしてお手伝いをさせていただきます。 この記事は、その研修でお会いした皆様へのメッセージとして、当日の朝に書いています。 (なんかタイムカプセ.. Weblog: ボランティア雑記帳 racked: 2010-11-02 06:42
  • 入院して考えたこと

    Excerpt: 私は30歳代のとき、病気で入院したことがあります。 原因は内臓疾患で、「1ヶ月入院→1ヶ月自宅療養→短時間勤務」という形で職場復帰しました。 後から考えたら、「もしかしたら危なかったかも」という状.. Weblog: ボランティア雑記帳 racked: 2011-11-25 21:44