日本は狭かった

忘れてました。
日本は狭かったんでした

先日、お世話になっている市民グループの方とお話する機会がありました。
休職中に知りあって、その後もときどき活動でご一緒しています。
このブログも読んでいただいている方です。
たまたま私が仕事を休めた日があり、平日の昼間にファミレスで3時間くらい長話をしてしまいました。

直近でご一緒いた活動の話や近況を紹介しあったあと、私の「夢」についてご意見をいただいたりしました。
この方も私と同様に、地域の人の障害についての理解をもっと広めたいという考えの持ち主、いわば同志です。
いえ、そんな言い方は失礼かもしれません。
私がこの方の影響を受けて、今の考えをもつようになったのだと思います。
そういうわけで、私の「夢」についても、アドバイスやアイデアをいただきました。

さて、そんなことで心を許してしまうこの方に、私は思わず愚痴をこぼしてしまいました
先日の記事「夢(6)壁」にも書きましたが、活動の「地域」のことです。
私の夢の実現には、パートナーや協力者が必須です。
でも、転勤、家族の事情、その他で違う地域に転居するかもしれません。
そうしたら、また一からネットワークづくりです。
現在は流動的な要因があり、まだ将来の見通しがつきません。
 <「夢(6)壁」より>

もう少し前の「転勤」という記事にも、似たようなことを書きました。

「いつか千葉を離れてしまうかもしれないんですよねぇ。」
そうしたらその方は一言、
 「あ~、でも日本は狭いですからねぇ。」
そうでした。忘れてました。
日本は狭かったんです。

<「日本は狭い」の図>
画像


休職中にニュージーランドとアイルランドで、ボランティアをする機会がありました。
他にも仕事やプライベートで、何度か海外に行きました。
そして帰国するたびに、「日本って狭いなぁ」と思いました。
地理的にも狭いし、文化的にも狭い
日本の常識は世界の非常識であることも多いです。
そう、日本は狭かったんです。

たとえ転勤になっても、家族の事情で転居することになっても、日本国内であればあまり気にしなくてよいのです。
地理的にも、少し頑張れば千葉にやってくることはできます。
そして、文化的にも地域によって全く違うわけではありませんから、戸惑うことも多くないでしょう。
もちろん、地域性はありますが、海外と日本の違いと比較すればなんてことありません。
逆に、近いけれども別の地域で活動することで、適度な広がりと有効なネットワークを築けるような気もします

なんだかワクワクしてきてしまいました。
なんとも単純というか、きまぐれというか、人の影響を受けやすいというか。
この日の一言で、とても救われた気がしたGAMIでした。

この日は、この話だけでなくて、いろんな気づきがありました。
やっぱり考えの近い人と、ときどきこうして刺激を与えあわないといけませんね。
そして、なによりこういう時間はとても楽しい。
本当に時間を忘れて、話しこんでしまいました。

ちょっとうれしいことがあったという、ご報告でした。
皆さんもこんなことありませんか?
-----------------------
メルマガも発行しています。よろしかったらご購読ください。
http://merumaga.yahoo.co.jp/Detail/18306/p/1/
-----------------------
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ご協力をお願いします!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック