テーマ:障害

【2/27(金)】「ボランティア入門講座」報告

2015年2月27日(金)に「ボランティア入門講座」を開催しました。 ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。 内容等の詳細はこちらをご参照ください。  ⇒ 【2/27(金)】「ボランティア入門講座」を開催します 当日は、高校生からシニアの方まで、幅広い年齢層の方にご参加いただきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2/13(金)】「車いす介助講座」報告

2015年2月13日(金)に「車いす介助講座」を開催しました。 ご参加いただいた皆様、ご支援くださった皆様、ありがとうございました。 内容等の詳細はこちらをご参照ください。  ⇒ 【2/13(金)】「車いす介助講座」を開催します 前月に開催した「ボランティア入門講座」のパートⅡとして、開催しました。 前回は、始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【2/13(金)】「車いす介助講座」を開催します

「~動画と実技で学ぶ~ 初めての車いす介助講座」を開催します。 是非ご参加ください。 詳細は下記のとおりです。 ・日時 : 2015年 2月13日(金) 14:00~15:30 ・場所 : シニアライフ支援センター「くれば」(静岡市葵区両替町) ・対象 : どなたでも ・費用 : 500円(ドリンク付き) ・お申込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

16ヶ月振りの活動

久しぶりに、記事を更新してみます。 ブログを書くの、なんか不思議な感じです。 以前は毎日のように書いていたんですよね。 さて、16ヶ月振りに活動らしきことをしてきました。 といっても、ほとんどお役にたてず、見学に近かったのですが。 内容は「市民福祉活動センターBit」の啓発研修です。 サブタイトルは「心のバリアフリー」で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「DX(ディスレクシア)な日々」を観ました

ディスレクシア(Dyslexia)とは、読むことや書くことに困難さがある障害です。 発達障害の中の、LD(学習障害)の一種です。 このブログを読んでいる人は、既にディスレクシアのことを既に知っている方も多いと思います。 でも、日本の一般の人は、まだほとんど知らないのではないでしょうか。 かくいう私も、本を一冊読んで、講演を動画で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

共通点と相違点を考えよう

久しぶりの更新になってしまいました。 今日は、7月に講師をさせていただくボランティア講座について、書かせていただきます。 現在、その資料を作成中です。 障害についての啓発講座で、ずっとやってみたいと思っていた内容を、盛り込もうしています。 受講者の皆さんは、まだこのブログをご存知ないでしょうから、ネタバレの心配はないと思います。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

嬉しかった大歓迎

ふと、思い出した「嬉しかったこと」。 だいぶ以前のことですけど。 しばらく通っていた知的障害のある人の施設に、久しぶりに行ったときのことです。 利用者の皆さんに、文字通り大歓迎を受けました。 ホント、涙が出るくらい嬉しかったんですよ。 私は2003年から2年間、休職してボランティアばかりの生活をしました。 そのとき数か月…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ボランティアは偽善か

「ボランティアは偽善だ」と言うのを、見聞きすることがあります。 それに対して「いや偽善ではない」とか、「偽善でも役に立てばよい」といった、反論があるようです。 しかし、私には何のことだかわかりませんでした。 ボランティアと偽善が、全く結びつかなかったのです。 でも、最近やっとわかってきました。 なぜ、ボランティアが偽善と言われ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

「障害者や家族の味方」ではない

私は、障害のある人ご本人やそのご家族の「味方」ではありません。 もちろん、決して「敵」ではありませんし、どちらかというと「味方」に近いのかもしれません。 しかし、障害者や家族とはいろいろ違うのです。 それをわかってほしい。 言いたいことは、そういうことなんです。 障害当事者を取り巻く環境は、まだまだ厳しいです。 法律や制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「できないこと」を許さない社会

荒井裕樹さんの論考を読みました。 タイトルは、『生き延びるための「障害」』。 副題は、『「できないこと」を許さない社会』です。 ずっとモヤモヤと考えていたことが、全部ここに整理されて論じられていて、読んだとき鳥肌が立ちました。 荒井さんの記事はこちらです。  → SYNODOS JOURNAL 2012年02月29日 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガで読むADHD

「めざせポジティブADHD」という本を読みました。 当事者である「あーさ」さんが書いた本です。 書名の通り、「ADHDという障害をポジティブに受けとめて前向きに生きていこう」、という内容です。 そして、この本の最大の特徴は、「ギャグマンガである」ということです。 全編、「あーさ」さん自らが描いたギャグマンガなんです。 構成…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

伝わった!

昨年、講師をさせていただいたボランティ講座の資料が届きました。 受講者の感想が書かれていて、そこには嬉しい言葉がいくつもありました。 どうやら、私の思いは伝わったようです。 そのボランティア講座は、これからボランティアを始めようとする若い人を対象にしたものでした。 6日間のプログラムの初日の2時間をお任せいただき、ボランティ…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

ディスレクシアの講演

とてもよい動画を見つけました。 ディスレクシアについての約1時間の講演を、動画で観ることができます。 ディスレクシアは学習障害の一種で、文字の読み書きを中心に困難を抱える障害です。 講師は、神山忠先生(岐阜市立岐阜特別支援学校 教諭)です。 とてもわかりやすく、気持ちのこもった講演です。 是非、ご覧ください。 (動画は記事の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

義理では買わない(障害者の作品・商品)

障害のある人がつくった作品や商品。 いろんなところで販売されています。 福祉ショップ、作業所、バザー、文化祭…。 私も気に入ったものがあると、ときどき購入します。 しかし、義理では買いません。 本来は障害者雇用が促進されて障害のある人の活躍の場が広がったり、自治体や企業が積極的に作業所等の製品を調達するべきでしょう。 そ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

刺激多き新年会

「人に会うシリーズ」の第五回です。 千葉でお世話になった市民グループ「市民福祉活動センターBit」の新年会に参加して来ました。 当日集まったのは8名。 代表の佐々木さん、主なメンバー、Bitの研修の講師陣、そして私です。 とても楽しく、そして刺激的な新年会でした。 「市民福祉活動センターBit」は、福祉啓発講座を中心に活動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コミュニティフレンド(75)訃報

コミュニティフレンド(以下「CF」)のパートナーだった、荒木さん(仮名です)の家族のお一人が亡くなりました。 昨年の終わりことです。 体調を崩されているとは聞いていましたが、まさかこんなに早く亡くなられるとは。 CFとは、地域で障害のあるひとと「街の中の友だち」として関わる人のことです。 CFについては、こちらをご参照くださ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイバーシティの研修でわかったこと

昨年のことですが、ダイバーシティ(多様性理解)の研修に参加しました。 「人の多様性の重要性を理解しよう」というものです。 なかなかよいプログラムで、気づきもたくさんありました。 そして、最後にわかったこと。 それは、「ここではまだ圧倒的に多様性が足りない」ということでした。 私はダイバーシティについて専門的な知識があるわけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木村さんと写真撮影(30)こんなに普通…

「人に会うシリーズ」第四回です。 木村さん(仮名です)に会いに、千葉に行ってきました。 木村さんには障害がありますが、ボランティアで行ったのではありません。 「友人である木村さんに、しばらく会っていなかったので、久しぶりに会いに行った」のです。 わかっていただけるでしょうか…。 木村さんは、花を中心とした写真撮影が趣味で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コミュニティフレンド(74)ボラじゃないんです

「人に会うシリーズ」の第三回です。 11月に、コミュニティフレンド(以下「CF」)のパートナーだった、荒木さん(仮名です)に会いに行きました。 荒木さんには障害がありますが、ボランティアで行ったんじゃないんです。 「友人である荒木さんに、会いに行った」のです。 わかっていただけるでしょうか…。 「人に会うシリーズ」について…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

これがオフ会だったのか

11月の「人に会うシリーズ」報告記事、第二回です。 marieさんと五十嵐さんと三人で、お食事会。 五十嵐さんとは、前週に柏で会ったばかりですが、marieさんと会うのは初めて。 柏の様子はこちら → 柏に集合 この日は、都心のお寿司屋さんに集合。 このお店、静岡に本店のあるお寿司屋さんです。 桜えび・生しらす・静岡おで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コミュニティフレンド(73)marieさんの活動(2)

コミュニティフレンド(以下「CF」)、marieさんの活動報告の2回目です。 私はCFを引退しましたが、活動の様子を伝え続けたい。 そこで、現役のCFであるmarieさんにお願いして、その様子を紹介させていただいています。 今日はその2回目です。 CFとは、地域で障害のあるひとと「街の中の友だち」として関わる人のことです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏に集合

11月に「人に会うシリーズ」を敢行しました。 やや「行き詰った感」があり、「こんなときは人に会って話をするに限る」と思い立ちました。 知人・友人に声をかけ、あるいは声をかけていただき、何回か機会をいただきました。 今日は、その報告記事の第一回です。 この日は、石巻でつながった皆さんが、柏に集合しました。 世界の柏レイソルで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

利用者と職員の両方の視点をもつ人

利用者の気持ちがわかる職員。 職員の気持ちがわかる利用者。 相手の思いを理解するのは、なかなか難しいのかもしれません。 しかし、利用者・職員の両方の視点をもつ人がいます。 この記事は、一年前に書こうと思っていた記事です。 一年前、私は千葉の知人数人と久しぶりに会い、話をしていました。 たまたま、直前に私が書いたブログ記事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院して考えたこと

私は30歳代のとき、病気で入院したことがあります。 原因は内臓疾患で、「1ヶ月入院→1ヶ月自宅療養→短時間勤務」という形で職場復帰しました。 後から考えたら、「もしかしたら危なかったかも」という状況でしたが、おかげさまで完治しました。 再発や後遺症の心配はなく、今は元気に暮らしています。 今日は、この入院したときに考えたことを書…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

コミュニティフレンド(72)活動費は必要か

コミュニティフレンド(以下「CF」)では、参加した人に「活動費」が支払われています。 障害のある人(パートナー)と、地域に住むCFがペアで一緒に時間を過ごします。 「活動費」は、CFに対して活動一回当たり一定額(月間上限あり)が支払われます。 謝礼・交通費・経費等は支払われず、「定額の活動費」方式をとっています。 この「活動費」…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

東北との「つながり」

以前、「ミンナDEカオウヤプロジェクト」をご紹介しました。 東日本大震災で被災された障害者福祉事業所で製作されている授産品を、東京・愛知・大阪といった都市部で販売する参加型プロジェクトです。 今回、「ミンナDEカオウヤ 中野店」のブログに、とても共感する記事を見つけました。 「ミンナDEカオウヤプロジェクト」については、こちら…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コミュニティフレンド(71)友人づくりの仕組み?

コミュニティフレンド(以下「CF」)とは、地域で障害のあるひとと「街の中の友だち」として関わる人のことです。 CFは、事務局の紹介でパートナー(障害のある人)とペアとなり、友だちとして月1~2回程度一緒に時間を過ごします。 いわば、友だちづくりをサポートする「仕組み」です。 しかし、友だちになるのに「仕組み」なんて必要なのでしょう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

友人のさりげないサポート

とても共感する文章に出会いました。 障害のある方が、友人のさりげないサポートについて書いたものです。 今日は、それをご紹介します。 私はここ数年、ある研修のお手伝いをさせていただいています。 障害のある人との交流を通じて、「だれもが暮らしやすい社会とは」「心のバリアフリーとは」を考えてもらう、啓発研修です。 私は毎年、スタ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

仙台・石巻(12)新妻さんへの勝手な期待

東日本大震災の被災地、石巻でボランティア活動をしていた新妻さん。 その活動ぶりを見て、私は勝手な期待を抱いてしまいました。 今後、新妻さんにはこういう活動をしてほしい。 今日は、そんな思いについて書いてみます。 新妻さんの活動については、こちらをご参照ください。  <関連記事>★「仙台・石巻」シリーズ(目次) ご承知…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「困ったボランティア」にならないために

前回、「ボランティアの心構え」について書きました。 今日は、「困ったボランティア」にならないためにはどうしたらいいか、について書いてみます。 ボランティアの心構えの「両方OK」。 「相手がOK」で「自分もOK」。 「両方OK」ではじめて、ボランティアは成り立つと、私は考えています。 これができずに、「困ったボランティア」に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more