テーマ:その他・雑記

更新を休止します

このブログは、当面の間、更新を休止させていただきます。 悪しからずご了承ください。 近況は、Facebookまたはホームページをご参照ください。 よろしくお願いいたします。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

新ブログ『ボランティア実践ノート』

新しいブログ『ボランティア実践ノート』をつくりました。 内容は次の3つです。  ①私のこれまでのボランティア活動のご紹介  ②「ボランティアの始め方」と「楽しむための心構え」  ③ボランティアや障害について思いを巡らせて書いたコラム ★新しいブログ『ボランティア実践ノート』  → http://vjissen.blog.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホームページ開設しました

個人のホームページを開設しました。 「社会貢献のかけはし」 ~企業とNPOと市民をつなぎたい~ というタイトルです。 URL: http://kake-hashi.jimdo.com 企業でCSRを担当し、個人でもボランティア休職などの社会活動を経験してきました。 そのため、企業と社会の両方の視点から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

近況報告

約1年ぶりの更新となってしまいました。 近況をご報告させていただきます。 このたび、勤務先の会社を早期退職することにしました。 形としては、来年2015年3月末に退職となります。 それまでの約半年間は会社に籍を置きながら、新生活に向けた準備期間として過ごします。 今後のことは未定です。 これまで関わってきた分野にとら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画「DX(ディスレクシア)な日々」を観ました

ディスレクシア(Dyslexia)とは、読むことや書くことに困難さがある障害です。 発達障害の中の、LD(学習障害)の一種です。 このブログを読んでいる人は、既にディスレクシアのことを既に知っている方も多いと思います。 でも、日本の一般の人は、まだほとんど知らないのではないでしょうか。 かくいう私も、本を一冊読んで、講演を動画で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボランティアは偽善か

「ボランティアは偽善だ」と言うのを、見聞きすることがあります。 それに対して「いや偽善ではない」とか、「偽善でも役に立てばよい」といった、反論があるようです。 しかし、私には何のことだかわかりませんでした。 ボランティアと偽善が、全く結びつかなかったのです。 でも、最近やっとわかってきました。 なぜ、ボランティアが偽善と言われ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

「障害者や家族の味方」ではない

私は、障害のある人ご本人やそのご家族の「味方」ではありません。 もちろん、決して「敵」ではありませんし、どちらかというと「味方」に近いのかもしれません。 しかし、障害者や家族とはいろいろ違うのです。 それをわかってほしい。 言いたいことは、そういうことなんです。 障害当事者を取り巻く環境は、まだまだ厳しいです。 法律や制…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「できないこと」を許さない社会

荒井裕樹さんの論考を読みました。 タイトルは、『生き延びるための「障害」』。 副題は、『「できないこと」を許さない社会』です。 ずっとモヤモヤと考えていたことが、全部ここに整理されて論じられていて、読んだとき鳥肌が立ちました。 荒井さんの記事はこちらです。  → SYNODOS JOURNAL 2012年02月29日 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガで読むADHD

「めざせポジティブADHD」という本を読みました。 当事者である「あーさ」さんが書いた本です。 書名の通り、「ADHDという障害をポジティブに受けとめて前向きに生きていこう」、という内容です。 そして、この本の最大の特徴は、「ギャグマンガである」ということです。 全編、「あーさ」さん自らが描いたギャグマンガなんです。 構成…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ディスレクシアの講演

とてもよい動画を見つけました。 ディスレクシアについての約1時間の講演を、動画で観ることができます。 ディスレクシアは学習障害の一種で、文字の読み書きを中心に困難を抱える障害です。 講師は、神山忠先生(岐阜市立岐阜特別支援学校 教諭)です。 とてもわかりやすく、気持ちのこもった講演です。 是非、ご覧ください。 (動画は記事の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

義理では買わない(障害者の作品・商品)

障害のある人がつくった作品や商品。 いろんなところで販売されています。 福祉ショップ、作業所、バザー、文化祭…。 私も気に入ったものがあると、ときどき購入します。 しかし、義理では買いません。 本来は障害者雇用が促進されて障害のある人の活躍の場が広がったり、自治体や企業が積極的に作業所等の製品を調達するべきでしょう。 そ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ダイバーシティの研修でわかったこと

昨年のことですが、ダイバーシティ(多様性理解)の研修に参加しました。 「人の多様性の重要性を理解しよう」というものです。 なかなかよいプログラムで、気づきもたくさんありました。 そして、最後にわかったこと。 それは、「ここではまだ圧倒的に多様性が足りない」ということでした。 私はダイバーシティについて専門的な知識があるわけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

利用者と職員の両方の視点をもつ人

利用者の気持ちがわかる職員。 職員の気持ちがわかる利用者。 相手の思いを理解するのは、なかなか難しいのかもしれません。 しかし、利用者・職員の両方の視点をもつ人がいます。 この記事は、一年前に書こうと思っていた記事です。 一年前、私は千葉の知人数人と久しぶりに会い、話をしていました。 たまたま、直前に私が書いたブログ記事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

入院して考えたこと

私は30歳代のとき、病気で入院したことがあります。 原因は内臓疾患で、「1ヶ月入院→1ヶ月自宅療養→短時間勤務」という形で職場復帰しました。 後から考えたら、「もしかしたら危なかったかも」という状況でしたが、おかげさまで完治しました。 再発や後遺症の心配はなく、今は元気に暮らしています。 今日は、この入院したときに考えたことを書…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「困ったボランティア」にならないために

前回、「ボランティアの心構え」について書きました。 今日は、「困ったボランティア」にならないためにはどうしたらいいか、について書いてみます。 ボランティアの心構えの「両方OK」。 「相手がOK」で「自分もOK」。 「両方OK」ではじめて、ボランティアは成り立つと、私は考えています。 これができずに、「困ったボランティア」に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボランティアの心構え

「ボランティアの心構え」って、どんなことでしょう。 ボランティアセンターで配布しているガイドブックや、ボランティア団体のwebサイトなどに載っています。 私も先日、ボランティア講座の講師をさせていただいて、そんな話をしました。 一般的に、初めてボランティアをする人にお話しする「ボランティアの心構え」は、だいたい次のような内容だ…
トラックバック:2
コメント:5

続きを読むread more

カラーユニバーサルデザイン(色弱に関する本)

「カラーユニバーサルデザイン」(カラーユニバーサルデザイン機構 著)という本を読みました。 私にとって、漠然としか知らない分野でしたので、興味深く読ませていただきました。 とてもわかりやすい、お勧めの一冊です。 この本が素晴らしいのは、「色弱の人はどのように見えているのか」を、多数のフルカラーの写真で表現しているところです。 こ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

「障害者」に勇気をもらったことはない

「障害者がハンディと闘いながら、それを乗り越えて頑張っている姿に、勇気をもらいました。」 TVのドキュメントなどの感想として、よく聞かれるコメントです。 しかし、私は「障害者」に勇気をもらったことはありません。 「障害者」から勇気をもらう心理は、次のようなものではないでしょうか。 ・障害者は毎日大変な思いで生きている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「モンダイな想像力」を読みました

「自閉っ子におけるモンダイな想像力」(ニキ・リンコ著)を読みました。 以前から読みたいと思っていました。 自閉症の人の一見不思議に思える行動の理由を、とてもわかりやすく書いてあると聞いていましたので。 <楽天> そんなとき、ツイッターでeruさんのつぶやきに「自閉症はなんでも全画面表示」という言葉を見つけました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボランティアは昼食後のハミガキ

ボランティアは「昼食後のハミガキ」に似ています。 よく言われるんですよ。 「エラいですね」って。 別にエラくないのに。 私は昼食後も歯を磨きます。 覚えてませんけど、十数年前からだと思います。 そんなにしっかり磨くわけではありません。 基本的にはハミガキをつけずに、水だけでハブラシします。 1分くらいでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

精神障害者雇用セミナー

に参加しました。 企業の人事担当者向けのセミナーです。 基本的な知識が提供され、先進事例も紹介されました。 精神障害について理解が浅い私にとって、有意義なセミナーでした。 まず障害者雇用全般と、そのなかでも精神障害者雇用の現状の説明がありました。 次に実際に精神障害者を多数雇用している企業の先進事例が紹介されました。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画「幸せの太鼓を響かせて」

を観ました。 知的障害のある人を描いた映画です。 ネタバレ記事にならないよう気をつけますが、感想を少々。 私には少し不思議な映画でした。 観たあと、「何を描いたのだろう?」という疑問が残りました。 違う感想をもった人もいると思います。 それが狙いなのかもしれません。 ツイッターではつぶやきましたが、一度観に行ったら「満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ地震で時計は止まるのか?

大地震が起きると、時計が止まります。 TVの報道などを見ていると、被災地の家や学校の時計が、地震発生の時刻で止まっている様子が映ることがあります。 でも、なぜ地震が起きると時計はとまるのでしょうか? 激しい揺れで、内部の機械が故障するから? でも、床に落ちたのならともかく、壁に掛かったままや棚に置かれたままなら、揺れただけで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

講演会のお知らせ

千葉で3月に行われる講演会のお知らせです。 私がお世話になっている佐々木さんから、告知のご依頼をいただきました。 佐々木さんは社会福祉士で、「市民福祉活動センターBit(ビット)」という市民グループの代表でいらっしゃいます。 私は「当事者の視点を大切にした啓発活動」という考え方に共感して、何度かBitの活動に参加させていただき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレベーターのボタンを押すように

障害のある人をサポートするには、「自然に」サポートすることが大切です。 言うのは簡単ですが、どうしたら「自然に」できるのでしょうか。 先日、このことをイメージするための、よい言葉を知りました。 障害のある人とあまりふれあったことがない人や、ボランティア初心者の人は、初めはどうしても構えてしまいます。 「役に立ちたい」「何かし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

障害者雇用に積極的な会社

障害者雇用に関する本を、3冊読みました。 日本で障害のある人を積極的に雇用している会社を紹介した本です。 まず、一冊目は「日本でいちばん大切にしたい会社」。 中小企業の経営指導の立場から見た障害者雇用の本です。 有名なチョークの会社「日本理化学工業」も紹介されています。 その会社の経営者が、どのような志で障害者雇用を始め、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読書が遅い

私は読書が遅いです。 字を読んで理解するに、時間がかかるのです。 本はもちろんですが、メール、ビジネス文書、TVや映画の字幕など、みんな読むのが遅いです。 小学生の国語の時間に、「はい、それでは25ページまで黙読しましょう」という時間がありましたよね。 私は読み切れないのです。「はい、そろそろいいですか?」と先生が言うまでに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

一人で異国に行ってご覧なさい

自分とは異質な人を見ると、とまどってしまいます。 あそこが違う、ここも違う、違うところだらけ。 自分は普通なのに、どうしてこの人はこんなに特別なんだろう。 こんなに変な人とは一緒にいられない。 そんな風に感じてしまいがちです。 でも、本当にその人は「変な人」なのでしょうか。 本当に自分は「普通の人」なのでしょうか。 …
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

笹森さんの本を読みました

先日ご紹介した笹森理恵さんの本を、読み終わりました。 「ADHD・アスペ系ママ へんちゃんのポジティブライフ ~発達障害を個性に変えて~」(明石書店)です。 とても楽しく読める本で、一気に読んでしまいました。 <楽天> ADHD・アスペ系ママへんちゃんのポジティブライフ価格:1,575円(税込、送料別) 本の構成は、次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性はマルチタスク(後)

前回、女性がミーティングや会合で、発言者の話を聴きながら個別に会話をする能力は、素晴らしいと書きました。 今日は、この話が多様性理解やダイバーシティの話であることを書いてみます。 それほど大それたことではありませんので、気軽に読んでください。 この能力は一般に、女性は高く男性は低いと言われます。 もちろん全員がそうではありま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more