ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS アイルランド(2)「成果と感想」

<<   作成日時 : 2007/03/21 19:30   >>

トラックバック 4 / コメント 0

アイルランドの身体障害者のホリデーホームでの活動を、ご紹介しています。
前回「(1)活動内容」に続いて2回目、「(2)成果と感想」です。
本文は、当時の記録からの引用です。
「ちゃんとやりました」「成果バッチリです」という書きぶりになっていて恥ずかしいのですが、ご容赦ください。

画像

現地の写真をもっと見る → <アイルランドの写真>

*** 以下 当時の記録より引用 ***

<成果と感想>

(1)ゲストとの交流
 これまでの経験をもとに、心を開いて自分を出し、よく話を聞くよう心がけた。
 異文化をもつことを強みとして利用すべく、日本文化を紹介するツール(小道具)を多数持参した。これらは交流のきっかけづくりに、みごとに機能した。
  <例>日本紹介の本、折り紙、筆ペン、日本茶、箸、扇子、和凧、竹とんぼ
 英語力不足は、絵、写真、身振り手振り、ツールなどさまざまな方法で補った。
 一週間というゲストとの交流期間は、信頼関係を築く意味ではやや短かった。

(2)ボランティアの役割と自発性
 仕事の時間と内容は「基本的にフリー」と言われていた。「ゲストとの交流」をメインに、その他は仕事の例を提示されるだけで、明確な指示はなかった。
 私は自分の役割を「異文化でゲストに刺激を与えること」と考え、主にこれに注力した。ボランティアとは自分で役割と居場所を考え、自分と相手の双方に有意義な関係をつくりだして活動すべきものである。私はこれまでもそう努力してきたつもりだったので、「基本的にフリー」なこの活動に違和感なく取り組めた。
 一方で、他のボランティアは自由であることに不安を覚え、いつどこでなにをすべきかの指示を求めていた。また、「ゲストは仲間同士で楽しんでおり、自分は必要とされていない」と感じるボランティアもいた。これら他のボランティアの悩む姿と彼らとの議論は、ボランティアの本質を再認識させてくれた。

(3)他のボランティアとの協力
 昨年は単独での活動だったが、今回はバラエティに富んだメンバーとともに活動した。他の3人のうち2人は常識と良識があり、活動中もよく話し合って助け合うことができた。1人は意欲と責任感に欠けていたが、それもボランティアの現実の姿だろう。多様なメンバーが補い合い、よいチームだったと思う。
 初日と最終日にミーティングが開かれ、活動への期待と、終了後の評価を話し合った。4人ともそれぞれの思いで参加しており、興味深い機会であった。若い時期の経験のため、視野を広げたい、語学の上達、新たな自分探し、等々。「真面目に、しかし気軽に、そして楽しむ」が共通のキーワードのように感じた。

(4)アイルランドの福祉
 今回は知識を得るための視察ではなく現場での活動であったが、機会を見つけてはゲストやスタッフから、この国の福祉現場の様子を聞かせてもらった。
 IWAの講演とゲストによる討論会に出席したが、目指していることや現在の取り組み状況は、概ね日本と同様である。
 ホリデーホームは、本人の休日と家族の休息の両面から有効。入所施設とは独立して日常生活と分離し、休日を楽しむことに徹していることも重要である。
 音楽を愛する国民性から、老若男女が障害の有無に関わらず、車椅子利用者も一緒に、毎晩バーで歌とダンスを楽しんでいるのが印象的であった。

(5)外国人として活動して
 2度の海外での活動を通じて、言葉や文化を超えて理解し合えることを経験したが、一方で障害者に理解があっても人種に偏見をもつ人もいた。人種、国籍、宗教、性別、障害の有無、全て違いのひとつである。全ての人は、得意・不得意や共通点・相違点があることにかわりない。違いを見つけて特別な感情をもつのではなく、共通点と相違点をありのままに楽しみたいものである。
 外国人という異質な者の立場で活動することによって、違いに対する感情や無知が差別に結びつく仕組みが、少し見えたような気がする。

*** 以上 引用終わり ***

次回は「(3)まとめ」をご紹介します。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
音楽の国でボランティア(3)現地到着
シリーズ「音楽の国でボランティア」です。 アイルランドの身体障害者のホリデーホームで、約2週間住み込みのボランティアをしました。 そのときに毎日書いていた日記をご紹介するシリーズです。 文中の名前は全て仮名です。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2009/07/04 12:51
音楽の国でボランティア(2)ボラ前夜
シリーズ「音楽の国でボランティア」です。 アイルランドの身体障害者のホリデーホームで、約2週間住み込みのボランティアをしました。 そのときに毎日書いていた日記をご紹介するシリーズです。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2009/07/04 12:53
音楽の国でボランティア(4)トラブル発生
シリーズ「音楽の国でボランティア」です。 アイルランドの身体障害者のホリデーホームで、約2週間住み込みのボランティアをしました。 そのときに毎日書いていた日記をご紹介するシリーズです。 文中の名前は全て仮名です。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2009/07/12 18:26
「困ったボランティア」にならないために
前回、「ボランティアの心構え」について書きました。 今日は、「困ったボランティア」にならないためにはどうしたらいいか、について書いてみます。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/10/21 23:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
アイルランド(2)「成果と感想」 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる