ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 謝礼、交通費、食事代(2)

<<   作成日時 : 2007/07/26 19:29   >>

トラックバック 2 / コメント 3

前回に続きまして、謝礼、交通費、食事代等についてです。

障害者が支援を必要としている場合、それにかかる費用は社会全体が負担するべきだ。
本人も便益を得るわけだから、一部を負担するべきだ。
いろいろ考え方はあると思います。
でも、ボランティアは社会の仕組みそのものではありません。
それに、例外はあるもののボランティアの基本は「両方OK」だと思います。
 「両方OK」についてはこちら → 「ボランティア」とは?
両方がOKと思えるための要素のひとつに、費用負担があるのかもしれません。
だから、私も前回2つの場合に分けて気持ちを書いたのだと思います。

<ボランティアセンターの資料より>
画像

「ボランティアは無償であるべきで、一切の金品を受け取るべきではない。」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。
一方で、高度な専門性を活かしたボランティアの場合等には、有償ボランティアとしてきちんと対価を支払うケースも増えてきています。
「ボランティア」は様々な意味で使用される言葉ですから、その都度お互いに相手の気持ちを率直に受け止めて、「両方OK」になるようにコミュニケーションをとることが大切だと思います。

ときどき「予算があるから支払う」という場面にあうことがあります。
そして、その後「予算がないから支払えない」状態になり、活動が終わってしまった場面にもあいました。
まだまだ福祉の世界は社会としての対応が不十分な部分が多く、やむをえないのかもしれません。
でも、何か納得できない気持ちになることがあります。

悩ましいテーマですが、敢えて記事にしてみました。
ご異論があるかもしれません。
皆さんはどう思いますか?
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ブログランキングが見れると同時に、私のブログにポイントが入ります。
  PRにご協力ください。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
謝礼、交通費、食事代(1)
ボランティアに対する、謝礼、交通費、食事代はどうするか。 依頼者側も活動者側も、迷うことがあるかもしれません。 ボランティアセンターの「ボランティア募集一覧」などを見ると、「交通費一律500円支給、食事なし」「交通費なし、昼食提供」「交通費、食事代なし」など、様々です。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/11/03 16:02
コミュニティフレンド(72)活動費は必要か
コミュニティフレンド(以下「CF」)では、参加した人に「活動費」が支払われています。 障害のある人(パートナー)と、地域に住むCFがペアで一緒に時間を過ごします。 「活動費」は、CFに対して活動一回当たり一定額(月間上限あり)が支払われます。 謝礼・交通費・経費等は支払われず、「定額の活動費」方式をとっています。 この「活動費」については、CF・パートナー・家族・事務局…、それぞれの思いがあり、ときどき議論になります。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/11/21 22:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
 実に良い記事ですね。いろいろ御意見が寄せられれば、とってもすばらしいと思います。
 食費、交通費は報酬とは意味合いが違いますから、無償だから受け取らないと意地をはることもなく、受け取る許容があってもいいし、受け取らないのなら参加しなければいいとも思います。別の意味でのどっちもOKですね。参加するけど受け取らないというのは少々わがままでしょう^^;。
 私がすっきりするのは、参集の交通費は自分持ち、活動に要する交通費は受入側持ち。です。
活動費(交通費)をボラが払うというのは、賛助会員兼任かカンパ(寄付)のような感覚です。
INA
2007/07/29 18:32
 食費は手弁当が基本で、幕の内が食べたい人たちについては受入側が注文・集金取りまとめをするべきと思います。
 食事を一緒にとること自体がボラの場合は受入(主催)側の支払いですね(入場料などもそうですね)。
自分自身が主催者というケースやスタンスも多々ありますから、自己の裁量でいいときは払っています。
 CFの場合は、闇雲に相手のペースに乗るのではなく、お金のかかることはいやだと断る場合もあるでしょう。活動する人、あるいは所属団体の意向があればその団体が自由に決めていいことでしょう。
 人が沢山集まる「場」ではそれぞれの思いが交錯してどっちもOKとならないこともあるといったところですね。
 ボラは多くの場合自分の時間を使っています。時は金なりというのなら、お金を出すボラもあっていい。
INA
2007/07/29 18:33
INAさんこんばんわ。お返事コメント遅くなりすみません。
「受け取る許容」で「別の意味のOK」・・・なるほど、お互いの気持ちを尊重することが大切ということですね。
「思いが交錯してどっちもOKとならないこともある」・・・たしかにそのとおり!私の記事で抜けていたところを補っていただきました。
やはりキーワードは「許容」ということですね。気づきをありがとうございます。またコメントお願いします。
GAMI
2007/07/30 23:03

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
謝礼、交通費、食事代(2) ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる