ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢(2)思い(後)

<<   作成日時 : 2008/03/30 18:05   >>

トラックバック 3 / コメント 4

私の「夢」の2回目です。
なぜこの「夢」を実現したいのか
私の思いの続きです。

********************

伝えた後どうする?
伝えただけでじゃ、仕方ない。
実践してもらわなきゃ。
体験して、感じて、考えて、理解する。
そして、「ただの人」としてあたりまえに共に生きる。

⇒ 実践する場が必要

********************

<目覚めた勤労者>
わかった。やってみたい。
自分にもできるかもしれない。
でも、どうすればいいかわからない。
どこで誰と何をすればいいの?
どうしたらできるの?
わからないから、できない。
→勤労者は、地域のことをあまり知らない。

<福祉の関係者>
もっと一般の人に、わかってほしい。
もっと地域の人に、参加してほしい。
でも、どうすればいいかわからない。
どこで誰に話せばいいの?
どうしたら参加してもらえるの?
わからないから、広がらない。
→福祉の世界はあまり開かれていない。

目覚めた人を、活動の場に連れてかなきゃ。
伝えること(啓発)と、やってみること(実践)を繋げなきゃ。
目覚めたときがチャンス。
これを逃したらダメ。
最初から仕掛けを作っておこう。
そして、それに乗せていこう。

⇒ 啓発から実践への仕掛けを作ろう

********************

実践の場はたくさんある。
でも形や内容はさまざま。
自分には何ができるの?
この活動には、どんな人が向いてるの?
誰をどこに連れて行けばいいの?
→コーディネート、カウンセリングが必要。

地域でさまざまな活動に関わってきた。(それなりに)
集まりやブログでネットワークを広げてきた。(皆様に感謝)
ボランティアの喜びや難しさを知っている。(そのつもり)
福祉の世界の期待や苦しみを知っている。(少しだけど)
→私なら、実践(活動)の場を紹介できる。相談に乗れる。

これは、私にしかできない。
…は言い過ぎだろうけど、できる人は限られている。
思いあがりかもしれないけど。
→私がやらなくて、どうする。

⇒ 実践をコーディネートしよう

********************

前回とあわせて、まとめますと…、

・勤労者に伝えよう
・当事者と共に伝えよう
・私が橋渡しをしよう

・伝えたあと、実践する場が必要
・啓発から実践への仕掛けを作ろう
・実践をコーディネートしよう

⇒ 勤労者に伝えて、実践に結びつけよう

これが私の思いです。
自分の頭の中だけで考えていますので、「ひとりよがり」になっていると思います。
「私が」と、力が入りすぎている気もします。
それではいけないので、皆さんのご意見を頂戴したいのです。
ですから、ブログに書いてみることにしました。

続いて次回は、プランのようなものを書いてみます。
くどいようですが、まだ稚拙で未熟な状態です。
ですから、プラン「のようなもの」です。
こちらもできればお読みいただき、ご意見をお願いします。

<関連記事> ★「夢」シリーズ(目次)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ブログランキングが見れると同時に、私のブログにポイントが入ります。
  記事を読んだらポチッとな PRにご協力をお願いします!
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「多様性トレーニング・ガイド」との出会い
やっと出会いました! 私の求めていた本に。 森田ゆりさん著の「多様性トレーニング・ガイド」です。 ここに書いてあることこそが、私がやりたかったことなのです。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2010/05/09 20:35
あきらめてません
GAMIの最近の記事はつまらない。 静岡に行ってから、ボランティアなどの活動も、あまりしていないようだし。 以前は「やりたいことがある」「夢がある」などと語っていたが、このところそんな記事も少なくなった。 きっともう、諦めてしまったに違いない。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/02/27 15:54
★「夢」シリーズ
私の「夢」について書いた記事をまとめました。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2011/06/30 20:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
GAMIさんだから出来ることですよ!!
常々、我が子(だけでなくハンディのある子・人達)は、人を変える力を持っていると感じるのです。我が子は学生なので、親以外に接する機会の多い先生に、その事をよく感じます。4月の着任早々は、子供達とどう向き合っていいのか戸惑いがちで振り回され気味だったのが、試行錯誤を重ね、気持ちを汲み取り関係を築き上げ、その子の引き出しを開けていくのです。子供も変化しますが、先生も変わるのです。頼もしいという一言だけでなく幅が出るとでも言うのでしょうか...
親としての私は、我が子を通して己を知っていく感覚があります。
この子達と触れ合うと今までとは違う何かが見えてくる(変な意味でなくね...笑)、そんな機会のない方はモッタイナイ...な〜んて事まで思っちゃったりしてました。
どちらかと言えば、私は当事者寄りの考えの持ち主です。GAMIさんは、公平。その冷静な目で、繋いでくれたらこんな嬉しいことはありません。しかも当事者の声も聞けるなんて、今からワクワクですよ!!
Kママ
2008/03/31 02:18
Kママさん、こんばんは。そして心強いお言葉をありがとうございます。
人を変える力、幅が出る、己を知っていく、何かが見えてくる…わかる気がします。私は先生やご家族ほど深くはありませんが、そんな力を感じたことがあります。自分も心を開かないと、信頼関係はつくれないものだということ。そうする中で、本当の自分を見つけることがあること。一番大切なのは、今まで考えていものとは違うらしいということ。いろんなことに気づく瞬間がありました。そんな機会をもっと分かち合いたいですね。
ご家族が当事者寄りなのは当然のことです。私も公平というよりは、少し当事者よりかもしれません。でも、私ならではの役割を果たせたら素敵だなと思います。まだ口ばっかりなので「今からワクワク」されちゃうとちょっと焦ります。いつかそのうちですので。その時は力を貸してくださいね。
GAMI
2008/03/31 20:14
…《そして、「ただの人」としてあたりまえに共に生きる。(本文)》
 出ましたね、そうですねこれが一番大切なことだと思います。最初はボランティア、そしてただの人に…出世魚のボラはさらに成長するとタダになるんですね(新定説^^?)。
・・・
 《目覚めたときがチャンス。》
 《これを逃したらダメ。》
 《最初から仕掛けを作っておこう。》 
 《そして、それに乗せていこう。》
…そうかー。そそのかして釣り上げるには仕掛けが必要でした(ごめんなさい言葉が悪いです、言葉のあや)。
 活動する場を作っておかないといけませんね。サポートする人も必要です。GAMIさんのしようとしていることは言葉上では諸手を挙げて賛同できますが、現実に歩むことは難し、だからこれをあえて『夢』として、長い道のりの一歩なんですね。本当に言うのとやるのでは雲泥の差があります。大変すばらしい夢だと思います。

INA
2008/04/05 19:45
INAさん、コメントありがとうございます。
「最後はボランティアがいなくなるべき」はINAさんから教わったことです。ということは、ボラではなくタダが最終形だったんですね。なんか、INAさんと私のアイディアが融合できたようで、うれしいです。
はい、「言うは易く行うは難し」です。実現の具体策は、もっと練らにゃいけません。いろんな人に助けてもらわなきゃ。
GAMI
2008/04/05 22:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
夢(2)思い(後) ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる