ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 読書3本勝負

<<   作成日時 : 2008/03/16 08:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

読書感想文を3つほど。
今回はまとまったテーマではなく、3冊3様の内容です。
強いて言えば、企業関係者っぽい本です。
でも、一般の人や福祉関係の方にも、読んでいただきたい本ばかり。
いずれも平易で読みやすい本ですので、構える必要は全くなしです。
「おもしろそう」と思ったら、お気軽にどうぞ。

  


1.福祉を変える経営

クロネコヤマトの宅急便の生みの親で、ヤマト福祉財団理事長の小倉さん著です。
財団を作ったものの、何をしたらいいかわからない。
そんなとき、作業所で働く障害者が、月1万円しか手にしていないことを知り、自分のビジネスの経験が役に立つのではないかと考えた。
そして、作業所の職員向けにビジネス講座を開くようになった。 
この本は、前半はその経緯、後半は講座の内容になっています。
作業所の現状と課題、そして希望を感じられる本です。
企業・利益・経営等の言葉が苦手な方も、読んでみてはいかがでしょうか。


2.特例子会社設立マニュアル

タイトルの通り、特例子会社を設立する際の手順をわかりやすく解説する本です。
特徴は次の2つ。
(1)仮想の会社を具体例として、設立から運営までの様子を物語風に綴ることで、実際の流れをイメージしやすい。
(2)副題に「光と影を検証する」とある通り、特例子会社の良い面と悪い面を、設立後に直面する壁も含めて開設している。
(2)も(1)の物語の中の登場人物が、壁を目の前にして悩む姿が描かれていて、設立後に想定される課題を理解することができます。
特例子会社の全体像とポイントを、短時間で理解できます。
企業の人だけでなく、就労を考えている障害のある方や、就労を支援する立場の方にもお勧めです。
ちょっと高いですけど。
企業側の視点を理解しておくことも、大切なことだと思いますので。


3.ユニバーサルデザインの本

タイトルに「トコトンやさしい」とあります。
ウソではありません。
本当に「トコトンやさしい」本です。
ユニバーサルデザインについては、何冊か読んだことがありましたが、これが一番よいです。
UDとは何か、7原則、バリアフリーとの違いの解説から始まります。
その後、さまざまな利用者を理解する章があります。
高齢者、こども、妊娠中の人、右利き・左利き、各種の障害者。
そして、UD商品の開発方法と事例が解説されます。
これ一冊読めば、UDの基本はわかってしまう上に、各種の障害についての基礎的なことは理解できてしまいます。
イラスト・グラフ・表もふんだんに使われています。
一冊手元に置いておいても損はありません。

以上、プロ野球のシーズンオフをいいことに、空いた時間をポツポツと読んでいる本を、少しご紹介しました。
皆さんからも、お勧め本がありましたら教えてください
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
← 左のブログランキングのアイコンをクリックしてください。
  ブログランキングが見れると同時に、私のブログにポイントが入ります。
  記事を読んだらポチッとな PRにご協力をお願いします!
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
読書3本勝負 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる