ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS コミュニティフレンド(45)神戸「講座編」

<<   作成日時 : 2009/03/14 14:26   >>

トラックバック 2 / コメント 9

コミュニティフレンド(以下「CF」)の神戸の報告です。
「講座編」と「旅編」に分けて記事にします。
今日は「講座編」です。

CFとは、障害のある人と「街の中の友だち」として、おつきあいする人のことです。
このたび、神戸のNPOがCFの活動を始めることになりました。
今回の講座は、神戸の皆さんに千葉の活動の様子を説明するものです。
千葉からの訪問団に、私とパートナーの荒木さん(仮名です)も参加しました。

会場は満席でした。
スタッフと千葉組も合わせると、60人を超えていたのではないでしょうか。
当事者ご本人も数多く参加されていました。

<会場の様子>
画像


講座の構成は次のとおりです。
 1.「コミュニティフレンド」ってなに?(概論)
 2.取組み紹介(映像とコメント)
 <休憩>
 3.当事者とコミュニティフレンドの実践報告
 4.コーディネーター報告
 5.意見交換

「1.活動概要」は、当事者の方の参加を意識して、わかりやすい表現で説明されました。
「2.取組み紹介」では、実際の活動の様子をDVD映像で観ていただき、CF3名がコメントして補足しました。
休憩を挟んで、いよいよ私たちの出番「3.実践報告」です。

休憩に入ったとき、荒木さんに声をかけました。
 GAMI:「さてと、次は僕らの出番ですな。前の席に行きますか。」
 荒木 :「行きますか。」

荒木さんには、前回会ったときにこの日のことを説明していました。
そのときの様子から、大丈夫だろうとは思っていました。
しかし、大勢の人の前に出ることは初めてでしょうし、講座の講師を務めるのはもちろん初めてのことです。
当日になって、気が進まなくなることも一応想定していました。
結果は全く問題なし。
荒木さんは講師席に座って、休憩時間か終わるのを静かに待っていました。

さて、2人で挨拶して「実践報告」の始まりです。
 G : 「皆さんこんにちは」
 荒 : 「こんにちは」
 G : 「GAMIと申します」
 荒 : 「荒木です」

用意した資料は、これまで撮ってきた写真(約30枚)です。
 ・最初の頃の様子
 ・荒木さんの好きな「お祭り」に行ったときの様子
 ・共通の関心事である「鉄道」関連のお出掛けの様子
 ・私の好きな「マリンスタジアム」に行ったときの様子
写真はスクリーンに大写しにする一方で、私たち2人もパソコンで見ます。

写真を次々と見ながら、2人で雑談をするところを見ていただきました。
 G : 「おっ、ここはどこでしたっけ?」
 荒 : 「鉄道博物館」
 G : 「ここはすごかったよね。お勧めですね。」
 荒 : 「お勧めですね。」
 ・・・
 G : 「あ〜、ここもいったねえ。」
 荒 : 「野球」
 G : 「たしか2回行きましたね。」
 荒 : 「2回行きましたね。」
てな感じです。

最後に私から、少しコメントをして終わりました。
 ・私たちはこんな感じです。
 ・共通の関心事を一緒に楽しんでいます。
 ・時間の流れ方の相性もいいのかも。
 ・つきあいかたはペアごとに様々です。
 ・お互いに心地よい関係をつくりましょう。
 ・楽しいですよ。

<「実践報告」をする2人(提供:名川さん)>
画像


荒木さんは、いつもどおりの自然体でした。
私の問いかけに、率直にリアクションしてくれました。
事前に資料を見せて雑談して「当日もこんな感じで話そう」と言っておいたので、イメージできていたのかもしれません。

私はいつにも増して、しゃべりすぎました。
終わったとき、進行の方からは次のようなコメントが・・・。(汗)
 「はい、鉄道と野球の話でした。」
会場の方のノリがよく、調子に乗ってしまったかもです。
当事者ご本人さんを中心に、結構受けてたのが嬉しかったものですから。

私たちの出番の後、「4.コーディネター報告」で、マッチングやフォローのポイントが説明されました。
そして最後の「5.意見交換」では、運営に関することを中心に質疑が行われました。
2時間半はあっという間に過ぎ、ほぼ予定通り講座は終了しました。

参加者のアンケート等によると、講座は大成功だったようです。
質疑のなかにも、「CFの取組みは素晴らしい」「是非広げていきたい」といった発言が多く聞かれました。
やはり、実際に活動しているメンバーが、目の前で肉声で語ったのが、一番よかったのだと思います。
DVDの映像も、活動の様子をイメージしやすくて、効果的でした。
様々なペアが登場し、「いろんな形がありうること」を伝えられたと思います。

そして私たちも、それなりに役割を果たせたのではないかと思います。
実際にCFとパートナーがペアで皆さんの前に座り、話しているところを見ていただく。
口や文字で説明するより、「現物」を見て感じていただく。

「ここも楽しかった」「あそこでこんなこともあった」と、調子に乗ってしゃべりまくる私。
話しているうちに笑顔になってきて、最後は笑いが止まらなくなった荒木さん。
そんな「楽しそうな様子」は、伝わったのではないかと思います。

最後にCS神戸の理事長さん??が、ご挨拶されました。
そのなかに、うれしい言葉がありました。
「神戸では、GAMIさんのような勤労者にも、どんどん参加してほしいと思っています。」
CFが神戸でさらに発展していくことを、心から期待します。

千葉組からもうれしい言葉をいただきました。
 ・GAMIさんと荒木さんの信頼関係が、よくわかりましたよ。
 ・荒木さんはとてもいい表情してましたね。GAMIさんもですけど。

次回は「旅編」をお送りします。
こっちの方がおもしろいかも。(笑)
お楽しみに。

<関連記事>
 コミュニティフレンド(41)神戸へ
 コミュニティフレンド(43)絶対いく!
 コミュニティフレンド(44)神戸の皆様へ
<その他CF関連記事>
 テーマ「コミュニティフレンド」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ブログランキングにご協力ください。
記事を読んだらポチッとな。下記をクリックしてください。
文字のリンクは、携帯からもご協力いただけます。
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ 人気ブログランキングへ
障がい者福祉・介護ランキング 人気ブログランキングへ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メルマガも発行しています。下のバナーからどうぞ。
Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!

********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コミュニティフレンド(46)神戸「旅編」(上)
神戸の「旅編」です。 講座の前後の「旅」の様子をご紹介します。 これがまたいろんなことがありまして、楽しい旅となりました。 いろいろあったので、上下2回に分けます。 写真もたくさん撮りましたので、貼り付けます。 テンポよくいきますので、どうぞおつきあいください。 ちなみに、この旅のテーマは「乗り物づくし」です。 はじまり、はじまり。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2009/03/16 21:11
コミュニティフレンド(47)神戸「旅編」(下)
神戸の「旅編」の続きです。 2日目もテンポよくいきます。 携帯で撮った写真もいっぱいです。 確認ですが、この旅のテーマは「乗り物づくし」です。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2009/03/18 22:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
よかシンポジウムになって良かったですね!!
荒木さんにとっても、よか想い出になったと思います!!
こちらはNくんと一緒に、街に出て楽しみました!!
2月はNくんの体調不良で一緒の外出が中止になったんで、余計に嬉しかったです!! (*^-^*)
たかびごん
URL
2009/03/14 22:01
たかびごんさん、こんばんは。
おかげさまで、大成功でした。
そう、荒木さんにとっても、いい1日になったと思います。
「旅編」もお楽しみに!
GAMI
2009/03/15 00:39
 あぁそういえば…と思い出しました。20年以上前の話、私がくじけた哲君(仮名)との交流・・・思えばあれはCFの取組みだったんですね。高校を卒業するまでの3年間、継続して友達で居るはずだったのにたった一日で私は自信を失ってしまった。哲君には本当に無責任で悪いことをしたなーと改めて反省です。十数年ぶりに再会したとき、「お兄ちゃん」と気さくに声をかけてくれた哲君、もしかしたらあのときのこと、そして私を覚えてたの?ちょっと怖くて訊けません。私はずっと忘れることができませんでした。
 荒木さんはGAMIさんと出会えてよかったねー。
 
INA
2009/03/19 01:18
INAさん、こんにちは。
うまくいくときもあれば、そうでないときもありますよね。私もうまくいかなかったことが何度かあります。私から引いてしまって疎遠になってしまった人もいて、いまだに気になっています。

ところで私は、荒木さんとの関係をコミュニティフレンド(CF)とは思っていません。荒木さんは友人です。PACがいうCFとは違うように思います。
私にとってCFとは、「仕組み」です。私は「仕組みが機能する姿」を期待して、CFという仕組みに参加しました。しかし、これまで私の期待した形では機能していません。私にも責任があるのですが。
この点については、ずっと書きたいと思いながら、考えがまとまっていません。

話が逸れてしまいました。わけわかりませんね。INAさんのコメントを読んで、最近CFに感じる違和感を思い出してしまったものですから。失礼しました。
GAMI
2009/03/20 15:26
 以前からCFには気持ちの整理が難しいものを感じていました。
ボランティアに携わるものとして、CFをボランティアとして受け止めたとき、私がパートナーをつとめるはずだった哲くんともし友達になっていたとしたら、それは友達の付き合いであってボランティアでは無くなるというものです。ボランティアにこだわらなければ何も問題は無いのですが、なぜ障碍者の友達を求めてのか?と言う変な疑問も浮き上がってきます。こだわらなければどうってことは無いのですけどね。たまたま合コンや出会い系サイトで知り合ったのが障碍者だったというのなら何の違和感もありません。
 CFは友達仲介所?パートナーとなる賛同者はボランティアとしてではなくただ友達を探しに来たスタンスならいいのか?そして友達と付き合うためのノウハウを研修によって教えてもらうのか?そして紹介する方も責任がある、やはりボランティアとしての心構えなどもそこでは求められるはず。友達になっちゃったらもう団体やシステムとは関係なくご自由にという訳にも行きませんよね。行くのか?  つづく
INA
2009/03/22 13:12
つづき
 今回荒木さんはCFを普及するためのボランティアをしたといっていいですよね、私たちがボラから友達になるんじゃなくて、障碍者がボラになる。お互いボラ同士になるシステムと考えればいいのかなー?で両方OKか?
 こだわること自体間違ってるか?
 脱線モードすいません。
INA
2009/03/22 13:13
INAさん、こんばんは。
いちいちおっしゃるとおりです。
CFの活動をしている私たち自身が、ご指摘のような点について、もっとよく考える必要があると、強く感じます。
申し訳ありませんが、今日のお返事はこの程度にさせてください。
また誠に勝手ながら、少し更新を休ませていただきます。申し訳ありませんが、よろしくご理解ください。
GAMI
2009/03/22 19:53
なんでもないですよ〜
全てのコメントにGAMIさんが即座に返答しなければいけないと言うことでもないし。一つ一つにコメントを返すGAMIさん見てると、コメントするのが申し訳なくも思えます。でも、書きたいときには遠慮はできない性分なので、そこにまた逆に気を使われたくもないですが・・・。
 ゆっくり行きましょう^^。
INA
2009/03/23 00:12
INAさん、こんにちは。
しばらく休んでしまい、すみませんでした。
とりあえず再開しました。よろしかったら、引き続きご訪問&コメントよろしくお願いします。
INAさんおっしゃるとおり、ゆっくり行きます。
GAMI
2009/05/20 11:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
コミュニティフレンド(45)神戸「講座編」 ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる