ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS コミュニティフレンド(52)期待すること

<<   作成日時 : 2009/09/02 23:12   >>

トラックバック 1 / コメント 0

今日は、「コミュニティフレンド(以下CF)に期待すること」について書いてみます。
期待することは「誰が」によって違うと思います。
そこが今日のポイントです。

CFとは、地域で障害のあるひとと「街の中の友だち」として関わる人のことです。
CFについては、こちらをご参照ください。
 → テーマ「コミュニティフレンド」

昨年(2008年)11月に、CFに関するシンポジウムが開催されました。
その報告記事で、私は次のように書きました。
この日集まった皆さんが、コミュニティフレンドに何を期待しているかがよくわかりました。
一方で、私は私なりの考えをもってコミュニティフレンドに参加しています。
そして私は、もう一度よく考えてみようという気持ちになりました。

私は何をしたいのか。
私にとってコミュニティフレンドとは何か。
これから私には、何ができるのか。
どうしていったらよいのか。

 <関連記事>
  コミュニティフレンド(38)シンポジウム終了

<シンポジウムの様子>
画像


この日集まった人は、ほとんどが「障害のある人のご家族」または「支援者」だったのではないでしょうか。
皆さんはCFに、次のようなことを期待しているのではないでしょうか。

<家族・支援者の期待>
・本人の生活に広がりや潤いを与えてほしい
・家族や支援者と違った関わりで本人に刺激を与えてほしい
・本人をひとりの人として認めてつきあってほしい
・成年後見人や支援者とともに本人を支えてほしい

では、障害のあるご本人のCFへの期待は、どのようなものでしょうか。

<本人の期待>
・一緒に出掛けたり遊んだりしてほしい
・ゆっくり話を聴いたり一緒に過ごしてほしい
・嫌なことでなく好きなことをさせてほしい
・同じ立場や視点でつきあってほしい
ご家族や支援者の期待と通じるものもありますが、そうでないものもありそうです。

さて、CF(人)のCF(仕組み)への期待はどうでしょう。

<CFの期待>
・支援者としての関わりとは違ったつきあいかたをしてみたい
・福祉の新しい試みに参加して何かを感じたい
・本人が本当に求めているものを探りたい
・ただ本人との時間を楽しみたい

ところで、私のCFへの期待は次の通りです。

<私の期待>
・地域の人が障害のある人を知る機会が増えてほしい
・地域の人が何かを始めるきっかけになってほしい
・地域の人が参加しやすい環境となってほしい
・地域の人の参加の重要性をご家族や支援者に知ってほしい

私は、最初にCFに出会ったとき、「この仕組みは私のやりたいことではない」と思いました。
CFは次のような文脈で語られていました。
・親亡き後は成年後見人が必要
・成年後見人の他に身近で見守る人も必要
・資格は不要で責任はないので難しくない
・成年後見にはなれないという人もまずCFから
・将来はCFから成年後見人になることも期待

この「文脈」は、次の点で私にはフィットしませんでした。
・CF「も」必要
・成年後見人にはなれなくてもCF「なら」
・「まずは」CFに、最終的には成年後見人に
私にとっては、CF「こそ」やりたいことだったからです。

地域の人にもっと障害のある人を知ってほしい。
もっと自然に障害のある人とふれあってほしい。
同じ地域に住む者として当たり前につきあってほしい。
CFのような関係が普通になってほしい。
社会の理解こそ、CF「こそ」が最も重要のように感じていました。

福祉の世界の中で成年後見人から発想した中でのCF。
CFは必然的に福祉関係者の中で展開され、主に現役施設職員または経験者を中心に拡大していきました。
説明会やシンポジウムも主に福祉関係者を対象として実施され、福祉の世界では一定の知名度と評価を得るようになりました。

もちろん、「地域の人の理解と関わりが重要であること」は誰も否定しないと思います。
重要だとわかっていても、なかなか難しい。
そう簡単に地域の協力者は現れません。
CFも福祉関係者の中で拡大せざるを得なかったのでしょう。

しかし、私は一般の地域の人の理解という難しい課題にチャレンジすることに夢をもっています。
自分自身の活動の歴史からして、しかたがないのです。
ですから私は、CFが語られる文脈に拒否反応を示していました。

ではなぜ3年前に参加したのか。
それは、組織の力に期待したからです。

地域の人の理解を広げたい。
でもそれは簡単なことではない。
広げるには仕組みや組織が必要。
ひとりではできない。
力のある人が牽引しネットワークが機能する必要がある。
PACガーディアンズとCFにはそれがある。

そして、考えました。
「とにかくやってみよう。」
「やってみなければわからない。」
「やってみて考えよう。」

さて、話を戻しましょう。
CFに期待すること。
シンポジウムでは、「ご家族と支援者」の期待が中心に語られました。
参加者のほとんどがそうなのですから、当日はそれでよかったのだと思います。

しかし、CFはいったい誰のための仕組みでしょうか。
障害のあるご本人のため?
はい、その通りですが、それだけではありません。
障害のあるご本人と参加しているCF(人)のためです。
この2人がCFの主人公です。
障害のあるご本人が主演でCFは助演?
私は2人が主役だと思います。

CF(人)は誰のためにCFをしているのか。
自分のためです。
楽しいから、満足感があるからやっているのです。
CF(仕組み)は、もっとCF(人)の立場から語られるべきではないでしょうか。
そして、CFのことをPRする場は、「ご家族や支援者」を集めて行なうのではなく、CF(人)になる人を集めて行なわなければなりません。

私は、CFを通じて、地域の人が障害のある人と自然におつきあいする機会が増えることを期待しています。
それだけです。
地域の人をどう巻き込んでいくか。
そこなのです。
誤解を恐れずに言えば、成年後見、自己決定、権利擁護は、私には関係ありません。
CFがこれらの言葉との関係において定義され、整理され、語られ、報告され、期待され、発展していくのは、私が期待していることとは別のことです。

これは最初からわかっていたことです。
それを承知で参加したのです。
でも、このことを昨年のシンポジウムで強く意識しました。
そして、その後も「期待することのずれ」は感じ続けています。

CFは順調に発展しつつあります。
家族・支援者・本人・多くのCFの期待通りに。
参加者は増え、全国の賛同者にも広がりつつあります。
ただ、「私が期待したこと」は、ほとんど一歩も前進していません。

じゃあCFに期待することを、GAMI自身がやればいいじゃないか。
…その通りです。
でも、できませんでした。力不足です。
このことについては、またいつか書きたいと思います。

くどいようですが、最後にもう一言。
CFの活動自体や参加者の考え方は、間違っているとは思いません。
むしろ素晴らしいと思いますし、実際に高く評価されています。
私も参加者として、そのことを誇りに思います。
ただ、私が期待していたこととのズレを、改めて強く感じているということです。

この3年間、地域の人の理解、機会、参加は全く広がりませんでした。
CFの関係者における、地域の人の参加の重要性の理解も、深まっていません。
「私が期待したこと」は、何ひとつ実現していないのです。
そして、それは誰のせいでもなく、私の力不足だということです。

今日は、とても長い記事になってしまいました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ブログランキングにご協力ください。
記事を読んだらポチッとな。下記をクリックしてください。
テキストリンクは、携帯からもご協力いただけます。
にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ 人気ブログランキングへ
障がい者福祉・介護ランキング 人気ブログランキングへ
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メルマガも発行しています。下のバナーからどうぞ。
Yahoo!メルマガ メルマガ登録はこちら!
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コミュニティフレンド(54)力不足
先日「コミュニティフレンド(以下「CF」)に期待すること」について、記事を書きました。 私はCFに、地域の人の参加を期待してきたこと。 期待していたことは、3年間でほとんど実現できなかったこと。 そして、それは誰のせいでもなく、私自身の力不足であること。  → コミュニティフレンド(52)期待すること ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2009/09/29 22:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
コミュニティフレンド(52)期待すること ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる