ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 理屈じゃない

<<   作成日時 : 2010/04/05 21:31   >>

トラックバック 0 / コメント 4

もう数年前のことです。
ある集まりで、話をする機会をいただきました。
そのとき参加者に言われた言葉で、いまだに心にひっかかっている言葉があります。
「理屈じゃない・・・」

私は2年間のボランティア休職が終わり、復職したばかりでした。
 <関連記事> ボラ休職・初期の活動
「2年間ボランティアばかりする毎日」という貴重な経験をした私は、「この経験と思いを伝えていかねば」と強く思っていました。
そんな私に、お世話になっていた市民グループの方が、機会をつくってくださいました。

私は休職中に感じたことや、これからやっていきたいことなどを話しました。
・人はお互いに共通点と相違点がある。
・障害はその相違点のひとつにすぎない。
・互いに認めあい、自然につきあっていきたいもの。
・自分は地域の人として、障害のある人と関わっていきたい。
・そして、これらのことを伝えて広げていきたい。

参加者の方から、ご質問やご意見をいただく時間になりました。
ひとりひとり、それぞれに感想等を話していただきました。
そして、ある方が言いました。
「理屈じゃない・・・」

<理屈のイメージ>
画像


その方は2度そう言って、それ以上はおっしゃいませんでした。
私の話を聴いて、ご自身なりに感じたことがあったのでしょう。
そしてそれを表現してくださったのです。
私はその場で、その日家に帰ってから、そしてその後何度も考えました。
その方が私の話を聴いて、何を感じられたのか。

・人とは、障害とは、支援とは、地域とは・・・。
・理想と現実、理論と実践、社会と福祉・・・。
・障害のある人の毎日、支援者の毎日、地域の人の毎日・・・。
・政治、経済、社会、福祉、行政、企業、学校、家庭、街・・・。

正論や理想ばかり言ってないで、実践しなければいけない。
理屈だけでなく気持ちや思いも、大切にしなければいけない。
そういうことなのでしょうか?

休職が終わったとき、私は2年間の経験をどう消化したらよいかわからず、戸惑っていました。
そして私なりになんとか整理して、これから何をするのかを考えました。
このときは、それを話したのだと思います。
それを聴いて、この方は「理屈じゃない・・・」とおっしゃいました。

私は理屈で無理やり、整理してしまったのかもしれません。
別に無理に整理しなくてもよかったのかもしれません。
でも私はあのとき、消化不良をおこしていました。
この2年間はなんだったのか、これからどうしたらよいのか。
ですから、無理にでも消化しなければならなかった。
そして、このとき整理した結果は、今でも私の基本的な思いとして生きています。

しかし、今でもときどきあの言葉を思い出します。
「理屈じゃない・・・」

<関連記事>
 ボランティアを語る
 テーマ「啓発・伝える活動」
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
 「理屈じゃない」その言葉が引っ掛かっているのは悪いことではないかもしれませんね。
 ですがその場面と、その方の心理をいろいろと推し測ることができますが、気に病むほどのことではありませんね。伝わりにくいということはお互い様だし。わたしがまだ「イナ」であるように、人それぞれ理解できる刻と、伝えられる刻がありますしねー。
 まぁ、ボラはやったもん勝ち。確かに理屈ではありませんね。
INA
2010/04/08 16:59
INAさん、こんばんは。
「気に病むほどのことはない」・・・お気遣いありがとうございます。別に気に病んでいるつもりはないのですが、気にはなっています。(笑)
理屈っぽいのは仕方ないとして、実践しながら理屈をこねたいものです。
いつも優しいお言葉をいただき救われます。感謝いたします。
GAMI
2010/04/08 23:17
理屈じゃない、言われて引っかかるのも判ります。その時の状況が分からないので、確かなコメントはできないのですが、私も、障害者で、以前、ディケァにお世話になっていたときに同じような気持ちになったことがあります。それは、私は、脳梗塞になって、左手が、使えません。その時、施設で4Bに書かれた、プリントを切るよう言われ、出来そうもないのを見て、鼻で笑って、どこか?へ行ってしまった。職員がいました。私には、出来なければ、死んでしまえと言われたような気持ちになって、その後鬱病になり治るのに、時間がかかりました。なぜ、怒ったかは、自分ではわかっているのです。カッターがあるのに用意せず、鼻で笑うような態度、お願いするには、インホームド、コンセントがあるはず。説明と納得。普段の生活では、あまり気にしないで事ですが、思いやり、コミニュケーション、お互いの信頼がなかった、自立とは尊厳につながる事と思いますが、最近では、障害者学を知らない、人が多すぎると思っています。
長々ごめんなさい、障害者学は最近言われる言葉です。
白熊
2010/05/13 11:47
白熊さん、初めまして。ご訪問&コメントありがとうございました。
そうですか、以前いやな思いをされたご経験があるのですね。「理屈じゃない」とおっしゃった方は、支援者の立場の人でした。ですから、白熊さんとはまた違った感じ方をされたのだと思います。
いずれにしてましても、人の気持ちを思いやることは、難しいけれど大切なことですね。
またご訪問ください。ありがとうございました。
GAMI
2010/05/13 21:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
理屈じゃない ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる