ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ地震で時計は止まるのか?

<<   作成日時 : 2011/07/08 21:17   >>

トラックバック 0 / コメント 2

大地震が起きると、時計が止まります。
TVの報道などを見ていると、被災地の家や学校の時計が、地震発生の時刻で止まっている様子が映ることがあります。
でも、なぜ地震が起きると時計はとまるのでしょうか?

激しい揺れで、内部の機械が故障するから?
でも、床に落ちたのならともかく、壁に掛かったままや棚に置かれたままなら、揺れただけで動かなくなるものでしょうか。
確かに精密機械ですから、大きく揺れて壁に何度もぶつかれば、壊れるのかもしれませんが。

一番ありうるのは、電池が外れること。
でも、一応ふたとかあるし、そう簡単には外れないのでは?
コンセントから電源をとっていれば停電で止まるでしょうけど、復旧すれば動きだす?
振り子時計なら止まるでしょうね。でも最近は少ない?
あとは磁場。ここまでくると、不可思議世界との境界線?

私は機械に詳しくないので、よくわかりません。
しかし、「時計が地震発生の時刻を指して止まっている」と聞くたびに、なにか不思議な感じがしていました。

<楽天>



さて、実はここからが本題です。
私自身、一生のうちで2度、「不思議な理由で時計が止まったこと」があります。

一度目は、父が亡くなったときです。
私の父は、十数年前に亡くなりました。
父は東京の病院に入院中でした。
私は当時は独身で、静岡に住んでいました。(千葉に行く前です)
早朝、電話の音で目が覚め、母から父が危ない状況だと聞きました。
急いで東京に駆けつけましたが間に合わず、父は既に亡くなっていました。

葬儀を済ませて数日後、静岡に帰りました。
そして壁に掛かっていた時計を見たら、その時計は止まっていました。
私は、不思議な気持ちになりました。

二度目は、結婚したときです。
式場は東京ですが、当時私は千葉に、妻は静岡に住んでいました。
ですから結婚式の当日、私は千葉から一人で式場に向かいました。
私は父の死後、父が亡くなったときに使っていた腕時計を形見としてもらい、毎日身につけていました。
結婚式当日も、父の腕時計をして家を出ました。

電車で途中まで来たとき、なにげなく腕時計を見ると、今朝まで動いていた時計が止まっていました。
私は途中の駅で電車を降り、時計屋に入って電池を交換してもらったところ、再び動き始めました。
電池は切れるものですが、なぜこの日に?
私は、不思議な気持ちになりました。

私は若い頃、どちらかというと科学で説明できないことは、信じない方でした。
しかし、この2回の出来事を経験して、「世の中には科学で説明できないこともあるのだ」と思うようになりました。
あるいは、「人の強い思いや感情というものは、時空を越えて力を及ぼすことがあるらしい」とも思うようになりました。

私は今では、前述の時計の出来事を、一度目は「さようなら」と、二度目は「おめでとう」と、父が私に伝えてくれたのではないかと思っています。
時計を止めるという現象を通じて。

話は初めに戻りますが、地震で時計が止まるのは、物理的な揺れや衝撃によってではなく、その瞬間に発生した多くの人の衝撃・動揺・恐怖・祈りのような強い感情がそうさせたのではないか。
今、私はそんな気がしています。
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
・・・この記事では、時計が止まる理由を解明するのは無粋ですね。
 生命や意思に関連する不思議な現象・・・これは「ある」と信じることは人間に必要なことでもあると思います。

 ある晴れた日に私が学校から帰る時、物音がして後ろを振り返ると20メートルほど背後の路面が黒く変色し、その色がどんどん私の方へ迫ってくるのでした。私は路面いっぱいの変色から逃れるため走って家に帰りました。
 すると、家の中にはおびただしい血痕が・・・それは、私の祖母が怪我をして病院に運ばれた後の状況だったのです。
 「早く家に戻れ!」と力が働いていたと考えたくなるものです。

 ・・・暑いこの頃ですからねこんな話もいいかなー・・・ア、いや、これは事実ですよ?
ちなみに路面を変色させたのは雨です。私は晴れと雨の境目に居たのです。あんなに明確な境界を体験したことのある人はなかなかいないでしょうね。
INA
2011/07/08 22:31
INAさん、こんにちは。

エンジニア(?)のINAさんとしては、時計が止まる理由を説明したいところを、我慢していただいたようですみません。それはそれで聞きたい気がします。よかったら教えてください。

さて、INAさんの不思議な現象、読んでて鳥肌が立ちますね。おばあさまはご無事だったのでしょうか。それにしても、雨がINAさんを自宅へ追いやるように迫ってくるとは、珍しい経験ですね。「虫の知らせ」というのは、本当にあるような気がします。

そう言えば最近、にわか雨に濡れるという経験、しばらくしてないなぁ。
GAMI
2011/07/09 13:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
なぜ地震で時計は止まるのか? ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる