ボランティア雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝わった!

<<   作成日時 : 2012/02/24 22:34   >>

トラックバック 1 / コメント 4

昨年、講師をさせていただいたボランティ講座の資料が届きました。
受講者の感想が書かれていて、そこには嬉しい言葉がいくつもありました。
どうやら、私の思いは伝わったようです。

そのボランティア講座は、これからボランティアを始めようとする若い人を対象にしたものでした。
6日間のプログラムの初日の2時間をお任せいただき、ボランティアの心構え等についてお話しました。

講座の様子についてはこちらをご覧ください。
<関連記事>
 ◆ボランティア講習会(前)
 ◆ボランティア講習会(後)

さて、資料の感想を読んで、私が嬉しかったのは次の2点です。

まず1点目は、「○○さん(GAMIの本名)」がたくさん書いてあったことです。
具体的に言うと、10人の受講者さんが「○○さん」と書いてくださいました。
そして、約50名の感想文に登場した個人名は私だけなんです。
「○○をしたのはよい経験だった」「○○は楽しかった」ということは書いてありましたが、他に人の名前は全く書かれていませんでした。
これは、私という人間と私の話に、何かを感じてくれた受講生が多かった、ということじゃないかと思っています。
勝手な解釈ですけど・・・。(笑)

私の講義は初日で、感想文を書いたのは約3ヶ月後の最終回です。
なのにちゃんと覚えてくれていた。
最終回になって、初日に私が話した「ボランティアとは」という話を思い出してくれた。
講師としては、なにより嬉しいことです。

<熱弁!>
画像


そして2点目の嬉しかったことは、私が最後にお話しした「受講生の皆さんへのメッセージ」について触れた感想が多かったことです。
私のメッセージは次の通りです。

<ボランティアは不要!?>

◆私は、「地域の友人としての関係」を始めました。
◆縁があって始めて、なぜか楽しくて続けてます。
◆私の楽しそうな様子は、伝わりましたか?
◆たくさんの人が、そうできたらいいなと思います。
◆実現すると、最終的にはボラは不要になります。
◆みんなが自然に、できることをしている社会。
◆そこに「ボランティア」と呼ばれる人はいません。
◆自分にできることは何でしょうか?(何でもOK)
◆スゴいことじゃなくて、身近なことからどうぞ。


この言葉が「印象に残った」、「考えさせられた」という感想が複数ありました。
私の話を聴いて、実際に自分で活動をしてみて、そして私の言葉を思い出して、自分で考えてくれた。
とても嬉しいことです。
他にも、私の話を引用しながら、「こう感じた」「こう思った」という感想もありました。

私の思いは「伝わった!」と思うと、少しウルウルしてしまいました。
あのときは伝わらなかったけど、今回は伝わった!
<関連記事>
 「あのとき」はこちらです → ◆伝わらない…

受講生の皆さん、ありがとうございました。
皆さんなりに感じたことを、ご自身の今後につなげてください。
そして、このような機会をいただいた主催者の方、心より感謝いたします。
今年も出番をいただけるとのこと、重ねて御礼申し上げます。

やっぱり私は、伝える活動をしていきたい。
そう改めて確信しました。

<関連記事>
 ★テーマ「啓発・伝える活動」
********************
★初めてご訪問くださった方は、こちらをご覧ください。
 → 初めてご訪問の方へ(目次)
★ホームページはこちらです
 → http://kake-hashi.jimdo.com/
★新しいブログはこちらです
 → http://vjissen.blog.fc2.com/
********************

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
共通点と相違点を考えよう
久しぶりの更新になってしまいました。 今日は、7月に講師をさせていただくボランティア講座について、書かせていただきます。 現在、その資料を作成中です。 障害についての啓発講座で、ずっとやってみたいと思っていた内容を、盛り込もうしています。 受講者の皆さんは、まだこのブログをご存知ないでしょうから、ネタバレの心配はないと思います。 ですので、予定している内容を少し、ご紹介したいと思います。 ...続きを見る
ボランティア雑記帳
2012/06/10 15:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵ですね〜 自分は障害者の親なのですが、施設ボラずっとしていました。その時同じ立場の人から「よくやるね〜」と呆れられたものです。支援者のみなさんの様子も含めて学ぶことが多い経験なのになあ〜残念。
その後、はまった親の会で、嫌がる先輩方を押し切って「理解啓発活動」始めました。今では社会が「心のバリアフリー」と言い始め、小学校で授業したりしています。「伝わった!」手応えはたまりませんよね〜
続けて下さい!そうしたら〈親の会は不要!〉に!
46しむ
2012/02/24 23:47
46しむさん、こんにちは。
「ご家族の方が施設ボラ」と聞くとホッとします。ご家族は「障害のことが理解されない」と思っているのと同様に、ボラも「ボラのことが理解されない」と思っています。ご家族がボラの視点を理解してくださるのは、とても嬉しいことです。
伝わらないことも多いのですが、伝わったときは本当に嬉しいですね。あの感覚は私たちの糧ですね。一緒に続けましょう。そしてボラも親の会も…。
GAMI
2012/02/25 15:47
 いいな〜^^
 そして、私もGAMIさんのお話を受講生として生で訊いてみたいです。

 わたしもGAMIさんのように人前で話す機会はよくあります。内容的には同じ主旨です(体験的な部分は違いますが)。でも…
 構成、言葉、エピソード、笑顔、…きっとよいべんきょうになるだろうなー。容姿で劣るのは仕方のない事ですが・・・。

 きっと、GAMIさん自身の楽しさがあって伝わるのでしょうけどねー
INA
2012/02/29 11:24
INAさん、こんばんは。
私もINAさんのお話を生で聴いてみたいです。INAさんには、一体何枚の鱗を目から取ったかわかりませんので。

あ、この時の講義は、ビデオに撮りました。自分の話って見たことなかったので、一度客観的に課題を認識しようと思いまして。結果は改善ポイント満載(笑)。頑張ります!
GAMI
2012/02/29 22:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ツイッター

zakki_cho07をフォローしましょう


GAMIにメール


アクセスカウンター



ブログランキング

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護へ
にほんブログ村

ウェブリブログ公認

・BIGLOBEウェブリブログ公認「おすすめブログ」2008.5.22で紹介されました!
伝わった! ボランティア雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる